勇気をもって逃げること(損切り)の大切さ

みなさんは、トレードする際に”損切り”をしていますでしょうか?

 

「損切りをしている」と答えた方は、

とても素晴らしいです。

 

逆に「していない」と答えた方は、

正直危険です。

損切りをしない方の末路は、

「損失」しかありません。

 

その先に未来も希望もないのです。

何もありません。

 

 

しかし、損切りすれば、

明日、明後日、明々後日がありますし、

 ・未来

 ・希望

 ・可能性

全てがあるのです。

 

このことは、とても素晴らしいことです。

 

 

今日がダメでも明日勝てばいい。

明日がダメでも明後日勝てばいいのです。

 

しかし、損切りをしなければ、

今日がダメなら明日はないのです。

 

その先に、

 ・未来

 ・希望

 ・可能性

何もありません。

 

そして、その先には”損失”が待っています。

 

この損失があなたの全てを奪うかもしれません。

その損失があなたの大切なものを奪うかもしれません。

 

このことはものすごくつらいですし、

ものすごく怖いです。

先が見えないこと以上に怖いことはないですし、

そして、必ず損失が待っています。

 

ですから、私はみなさんに損切りをしていただきたいのです。

 

 

確かに損切りは「逃げること」だと思うのです。

逃げることは嫌なイメージがありますが、

実際は、逃げなければいけないときもあるのです。

 

もちろん自分の弱さや自分の闇の部分からは、

逃げてはいけません。

そこで逃げてしまっては、

いつまでたっても逃げ続けなければいけないのです。

 

立ち向かわなければ、何も変われませんし、

何も生まれません。

 

確かに損切りしないほうが、

「楽」かもしれません。

何もしないほうが、

「簡単」かもしれません。

 

しかし、それこそ「逃げている」のです。

 

立ち向かう、損切りする勇気をもってください。

 

実際にトレードして、自分の予想と違った場合は、

逃げなければいけないのです。

 

その逃げることは、

決していけないことではありません。

その逃げることは、

「勇気」です。

 

「勇気」がなければ、逃げられないのです。

「損切りする」と言うことは、

臆病者ではありません。

勇者なのです。

 

 

ぜひその勇気を持ってください。

勇気を手に入れてください。

 

勇気があるからこそ損切りができますし、

明日がありますし、

明後日があるのです。

 

その勇気が相場で戦っていく上で、

必要なのです。

 

 

確かに損切りは、表面上では”負けること”です。

逃げることです。

 

しかし、それは表面上、

文字上、数字上の意味なのです。

 

実際その本当の意味は、違います。

実際の意味は、勝つ以上にすごいことなのです。

 

勇気をもって損切りすることって、

勝つことよりも100倍以上の価値があるのです。

 

 

そして改めて考えていただきたいのですが、

「勇気をもって損切りすること」

このことは、何のためだと思いますか?

 

あなたのためであり、

あなたの未来のためなのです。

 

「勇気をもって損切り」と言う事実を受け入れることができた人のみが、

勝てるようになのです。

 

夢や目標をかなえることができますし、

かなえる資格があるのです。

 

 

ですからみなさんには、

勇気をもってダメなときは、逃げていただきたいです。

その先には、必ず未来が待っていますし、

未来を信じて”損切り”を行っていただきたいです。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

損切りの額を小さくするには

損切りすることを前提にトレード手法を考える

納得のいく損切りをすることでトータルで勝てるようになる

たった1回のトレードで資金を失わないために

損切りするポイントを事前に決めることによって損切りの精度が上がる

損切りをできない方が損切りをする方法