予想が当たったとしてもトレードできるとは限らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、トレードする際にチャートを見る方がほとんどだと思います。

 

チャートを見ていると「相場が何となくわかる」ような感覚があるのですが、

そのようなときってなぜか当たります。

 

みなさんの中にもこのような感覚がある方もいるのではないでしょうか?

 

相場が予想できるときってあるのです。

 

実際当たるか当たらないかは人それぞれだと思いますが、

なんとなく予想できるときってあると思うのです。

 

 

しかし、FXでは、

予想が当たったとしてもトレードできるとも限らないのです。

 

どのようなことか説明します。

こちらの図をご覧ください。

トレンドフォロートレードできない

自分のトレード手法が、

トレンドフォローの押し目を狙うトレード方法だったとします。

 

あなたはダマシを避けるために移動平均線までレートが近づくのを待っていたとします。

青○のポイントでトレードするようなトレード手法です。

 

「青○のポイントまでレートが戻ってきたらトレードをする」

このようにあなたは思っていたとしても、

青○ポイントまでレートが戻らず赤○でレートが反転してしまった。

 

こうなってしまったらトレードできませんし、

トレードしなくて正解なのです。

 

 

もう一つ例えをだしてみましょう。

こちらの図をご覧ください。

トレードできない場面

トレンド転換を確認してトレードする方法でトレードすると考えているときに、

レートが急激に動いたので、トレードできなかった場面や

エントリーから損切りのPips数の幅が大きく、

リスクワードレシオ的にトレードできなかった場面になります。

 

 

 

このような場面も考えられますし、

FXではよくある話しです。

 

「リスクワードレシオ的にトレードする場面ではない」

このことについてあまりよくわからない方もいると思いますので、説明します。

 

リスクリワードレシオとは

平均損失と平均利益の比率です。

理想は損失を1とした場合、利益が2か3になります。

 

 

「単純に損切りの幅がいつもよりも大きすぎるためにトレードしないほうがいい」と言うことです。

 

 

リスクリワードレシオ的に損失がいつもは1ぐらいなのにもかかわらず、

損失が2などになってしまった場合、

トレードのバランスが崩れてしまいます。

 

簡単に言えば、割に合わないトレードになります。

 

 

損切りを大きくしたところで、

大きな利益が望めるわけではありませんし、

いつもよりも損切りが大きすぎる場合はトレードしないほうが、

いい場面もあるのです。

 

 

このようにFXではトレードしないほうがいい場面、

トレードできない場面があります。

 

このような場面で焦ってしまってエントリーしてしまった場合、

例え今回は利益になったとしても長期的には、

今回トレードを見送った方のほうが利益が見込めます。

 

 

例え予想が当たったとしてもその全てが、トレードできるわけではありませんし、

いつもと違う場合などはトレードしないほうがいい場面も存在します。

 

このような場合は機会の損失とは考えなくていいと思いますし、

トレードしない勇気をたたえるべきですし、

トレードしなくて正解なのです。

 

機会の損失とは、

取れるはずだったトレードが、

とれなかったときに悔しくなることです。

 

このような場面では、トレードしない勇気が必要になりますし、

トレーダーとしての真価が問われます。

 

しかし、多くのトレーダーがこのような場面でエントリーしてしまいますし、

本当に高い志を持ったトレーダーしかトレードを見送ることができないのです。

 

 

もしも、今回トレードできなかったとしても、

またチャンスは現れます。

 

トレードできないもしくはしないほうがいい場面は、

無理やりトレードする必要はありませんし、

トレードしないほうが利益になるのです。

 

ですから、自信をもってトレードを見送っていただきたいですし、

見送った自分をほめてあげてください。

 

このことが理解できたのならば、

無駄なトレードが減少するのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク