私たちの円とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私たちが今平然と使っているお金つまり”円”

円についてみなさんはどのくらい知っていますでしょうか?

 

「そんなこと今まで気にしたことない」

ほとんどの方が気にしていないのです。

 

お金って印象しかないと思います。

 

ですが、せっかくFXに出合ったのですから、

「知っていてもいい」と思います。

 

そのほうがトレードするときに、ただ単にトレードするよりもいいですし、

なぜ世界中のトレーダーが「今円を買っているのか売っているのか」

このようなことも考えられるようになります。

 

「日本人としての立場ではなく世界から見た円」について考えれば、

また新しい考え方も見つかるかもしれません。

 

今回は、私たちのお金、円について説明させていただきます。

 

 

円は、金利が安いのはみなさんもご存じかと思いますが、

ではなぜ「世界情勢が悪くなると円が買われて円高になるのでしょうか?」

 

「そういわれてみれば・・・・・・」

「円高だったの?」

あまりこのようなことを気にしたことがないと思われますが、

その辺を少し考えるだけでわくわくしてしまうのは私だけでしょうかw

 

私とみなさんがFXという共通のことを行っているわけですから、

きっとどこか私と似ているのかもしれませんねw

 

「こんなFXオタクと似ているなんてありえない」

 

このように思う人もいると思いますが、私は信じています。

みなさんと私が同類だということを・・・・・・

 

少し熱くなってしまいましたが、話しを戻します。

 

金利の低い円が世界中のトレーダーから買われる理由を簡単に説明しますと、

「世界中のトレーダーがリスク回避で、円を買っている」のです。

 

世界的に見ても円の信頼は、高いのです。

別に何をしているわぇでもないのですが、

日々の私たち日本人の行いがいいのですよ。

それが世界に評価されているのです。

 

リーマンショックの後の急な円高は米ドルが勝手に暴落しただけです。

 

 

そして、他に円高の理由を説明しますが、

ヘッジファンドが金利の低い円を元手に使って借入し、

その円を使って資金を何倍にもして、世界中に投資を行いもうけているのです

 

 

私たちの使っているレバレッジみたいなものですね。

 

「なぜ円を借入先に利用するのか?」と言いますと、

世界的に見ても金利の水準が低いために、円が借入されているのです。

 

ですが、ヘッジファンドの特徴としては、

借入を積極的に行うのですが、その反面リスク回避も積極的に行います。

臆病なのです。

 

リスク回避のためにいったんその借入を返そうとするのです。

 

ですが円を借りているのですが、

世界中で投資しているため円で得た海外の通貨しかありません。

 

借入を返すには、その海外の通貨を円に戻す必要があります。

 

ですから「海外の通貨を売り、円を買う」

その結果「世界情勢が不安になる」と円高になると考えられます。

 

一般的には世界的に魅力がある通貨に流れて

その国の通貨の価値があがるのですが、

正直実際円にはそれほど魅力はありません。

 

ですが、このような借入先として需要があるのは、

ある意味円に”魅力がある”のかもしれません。

 

 

このようなことからも円が世界的に人気なのです。

 

 

結局簡単に言ってしまうと、

「魅力があるからその通貨の価値が上がる」

このような解釈で問題ありません。

 

ですが結果的に円が魅力的になってしまったわけで、

実際は先ほど言った通り円には魅力はそこまでありません。

 

世界の景気がよくなれば必然的に魅力がある通貨に流れます。

 

そうすれば、円安に進むのではないのでしょうか?

「結局魅力的な通貨にお金は流れる」

このようなことになります。

 

そこを覚えてトレードをしていただければ、

また一味も二味も違ったトレードになるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク