トレンドラインとは

みなさんは相場のレートの動きに種類があることをご存じでしょうか?

 

相場には以下の種類があります。

 ・上昇トレンド

 ・下降トレンド

 ・レンジ相場

このように3種類の動きがあります。

 

そしてトレンドには、それをわかりやすくするためにトレンドラインというものを引きます。

 上昇トレンドでは安値と安値を結んだ線

 ・下降トレンドでは高値と高値を結んだ線

 

 

このようにレートに線を引くことによって、

トレンドが発生しているのが視覚的にもわかりやすくなります。

 

 ・トレンドラインを引けるのがトレンド

 ・トレンドラインが引かないものをトレンドではない

このように判断できます。

 

そしてトレンドラインには、レジスタンスまたはサポートラインの役割もあります。

「トレンドラインにそってトレンドを形成するだろう」と予測ができるのです。

 

 ・上昇トレンド時、相場を下で支えている線がサポートライン

 ・下降トレンド時、相場の上を抑えている線がレジスタンスライン

このようになります。

 

上昇トレンドがトレンドラインを割り込んできたらトレンドの転換が近いと推測できますし、

また、下降トレンドがトレンドラインを割り込んできたらトレンドの転換が近いと推測できます。

 

そしてトレンドラインの角度を見ることでトレンドの強さも判断できます。

傾きが強ければトレンドは強く傾きが弱ければトレンドは弱いことが分かります。

 

このような所もトレンドラインの長所と言えるでしょう。

 

 

次にトレンドラインの引き方を説明します。

トレンドライン上昇

トレンドラインには正しい引き方があります。

そして、その正しい引き方にはルールがあります。

 

 

上昇トレンドならばAをトレンドの最安値、

そして、最高値のひとつ前のスイングの安値をBとします。

そしてこのを結んだものが正しいトレンドラインの引き方になります。

 

下降トレンドも同じ考えになります。

下降トレンドライン世紀

トレンドの最高値をA、

最安値のひとつ前のスイングの高値をB、

そして、この結んだものが下降トレンドのトレンドラインとなります。

 

 

ですが実際の相場では、トレンドラインを毎回このようにきれいに引けるとは限りません。

下の図のようにAとBを横切った場合は”A”を横切った位置に移動します。

トレンドライン

このようにトレンドラインは価格を横切ってはいけません。

横切る場合は、その横切るポイントにAを持っていき、

新しくトレンドラインを引きなおさなければいけません。

 

そして上昇トレンドならば高値が更新するまではBを動かしてはいけませんし、

下降トレンドも安値が更新するまではBを動かしてはいけません。

 

 

また高値安値のポイントでトレンドラインを引く際にローソク足で

引くのではなくヒゲでトレンドラインを引いてください。

ヒゲもトレンドラインの一部として考えます。

 

そしてトレンドラインを引く際に、AとBの距離が近すぎるのも避けなければいけませんし、

トレンドラインが水平に近くなっているときも避けなければなりません。

 

なおかつトレンドラインは延長して引いてください。

延長して引くというのはそのまままだ価格が決まってないところにも引くという意味です。

 

 

 

トレンドラインはとても奥が深いです。

ですからなかなかすぐにはわからないと思いますが、

ゆっくりでいいので覚えていきましょう。

 

最後に分かりやすくするためにポイントをまとめておきましょう。

 

 

 

トレンドラインのルール

 

1、上昇トレンドならばトレンドの最安値または下降トレンドならば最高値をAとする。

 

2、上昇トレンドならば最高値を更新する前のスイングの安値をB

下降トレンドならば最安値を更新する前のスイングの高値をBとする。

 

3、その2点を引いた線がトレンドラインである。

 

4.そのが近い場合は避ける。

 

5、結んだ線が横切るのならばその横切るポイントにを移動して引きなおす。

 

6、は価格がより更新するまで動かしてはいけない。

 

7、角度が水平に近いものは避ける。

 

8、ヒゲもローソク足の一部として考える。

 

9.トレンドラインは、未来を想定してそのまま延長して書いておく

 

みなさんもこのルールを守ってトレンドラインを引いてみてください。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

成行注文とは

トレール注文の有効な使い方

テクニカル分析とは

トレンドとは

IFD注文とは

短い足だけを見るのはなぜいけないのか