トレンドフォロー(順張り)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「トレンドフォロー」この言葉を聞いたことある人もいらっしゃると思います。

このトレンドフォローこそがFXで基本中のトレード方法になりますし、

王道のトレード方法になります。

 

トレンドフォローは、順張りと呼ばれるトレード方法です。

 

順張りがFXで生き残るためには必須になってきます。

そして、世界中のトレーダーの多くがこのトレンドフォローでトレードしていますし、

私自身その中の一人です。

 

トレンドフォローをかんたんに説明しますと、

 ・上昇トレンドならばロング(買い)

 ・下降トレンドならばショート(売り)

このようにトレンドの方向にポジションを持つことを言います。

 

 

 

「トレンドが発生している」と言うことはどのようなことかを今一度考えてみてください。

ロングが多数派ならば、上昇トレンド

ショートが多数派ならば、下降トレンド

このように需要と供給によりレートが決まります。

 

 

ですからトレンドフォローとは、

大衆つまり世界中のトレーダーと同じポジションを持つことになります。

 

簡単に説明しますと”大きな波”に乗るのです。

大衆に逆らっては私たちのようなトレーダーは、ひとたまりもありません。

 

 

わざわざ大勢に立ち向かう必要もありませんよねw

 

 

その大衆の一員になるほうが簡単ですし、

長期的に利益も見込めます。

日本のことわざにこのようなものがあります。

 

 

「長いものには巻かれろ」

意味は、自分の手に負えないほどの長いものには、

逆らっても無駄だからおとなしく従ってしまった方が、いいと言う意味です。

 

 

トレンドフォローの概念もまさにこのような考え方になります。

FXの相場は、規模がとても大きく太刀打ちできません。

ですから、みなさんも長いものには積極的に巻かれましょう。

 

 

海外の人は意外にも順張りのトレードを基本にトレードしています。

私たち日本人にはなぜか逆張りが、潜在意識にしみついています。

値ごろ感でトレードをしてしまうのです。

その結果トレンドフォローではなく逆張りをしてしまうのです。

 

なぜ逆張りよりも順張りがいいのかはこちら

 

正しいトレンドフォローの考え方は、

価格が上がったら買うのです。

価格が下がったら売るのです。

 

私たちの常識では、価格が上がったら買うと言う行為は、

なんだか損をしてしまう感覚になると思います。

どうしても安くなったら買うほうが、お得に感じてしまいます。

 

実際にスーパーなどでは安く購入したほうが、得だからしょうがないのですけれどねw

 

確かにFXでも安くなったら買う、高くなったら買うほうが、

レートの差額を利益としているならば「お得」かもしれません。

しかしFXでは、その逆張りはとても難しいトレード方法なのです。

 

その「値ごろ感」が、トレンドフォローすることに抵抗をもってしまうのです。

 ・安くなったら買う

 ・高くなったら売る

このような考え方はFXにとっては、障害でしかありません。

 

その値ごろ感は私たちの生活の中でしみこまれた当たり前の感覚なので、

なかなか変えることはできません。

徐々にでいいので、その考え方をFXの中では正しい考え方に変えていくようにしていきましょう。

 

 

FXの正しい感覚は、

 ・高くなったら買う

 ・安くなったら売る

このように覚えていてください。

 

 

ですがみなさん安心してください。

意識していれば人間は、必ず変われますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク