利益を確保しながら利食いを自動的に行うトレール注文とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXの注文方法には、

「トレール注文」と言うものがあります。

トレールストップ注文とも呼ばれます。

 

トレール注文のトレールとは、

「追いかける」と言う意味です。

 

 

トレール注文を簡単に説明しますと、

レートを追いかけながら注文が移動していくので、

レートが上昇すれば、トレール注文も上昇します。

 

その結果レートが下がったときに決済注文で決済され、

利食いや損切りになるのです。

 

 

わかりやすく説明するためにこちらの図をごらんください。

トレール注文

まず、赤い☆の部分でロングします。

そして、トレール注文を行うのですが、

トレール注文ができる業者とできない業者があるので、

あらかじめ確認していただきたいです。

 

ポジションを保有した後とは、

例えば今回は、1円の値幅でトレール注文を出すとします。

 

レートが上がればトレール注文も上がります。

レートとトレール注文との値幅は、

設定した価格になります。

 

そして、トレール注文は、

レートが上がれば上がりますが、

レートが下がったとしても下がらないのです。

 

ですから、そのままトレンドが上昇し続ければ、

トレール注文は、決済することなく追跡します。

 

しかし、トレンドが終わりレートが下がり始めると、

トレール注文は動かないので、

そのレートで決済されるのです。

図の青○の部分になります。

 

 

次にショートの場合を説明します。

トレール注文ショート

まず、赤い☆の部分でショートします。

そして、トレール注文を行います。

 

ポジションを保有した後は、

今回も、1円の値幅でトレール注文を出すとします。

 

レートが下がれば、トレール注文も下がります。

レートとトレール注文との値幅は、

こちらも設定した価格になります。

 

そして、ロングと同様にショートも、

レートが下がれば下がりますが、

レートが上がったとしても上がらないのです。

 

ですから、そのままトレンドが下降し続ければ、

トレール注文は、決済することなく追跡します。

 

しかし、トレンドが終わりレートが上がり始めると、

トレール注文は動かないので、

そのレートで決済されるのです。

図の青○の部分になります。

 

 

 

このような注文方法を、トレール注文といいます。

 

 

では、一体どのようなときに、

このトレール注文をだすのかを説明します。

 

トレール注文は、

「利益を伸ばせるだけ伸ばしたいとき」

このような理由でトレール注文を出します。

 

 

しかし、トレール注文を出したからと言って、

そう簡単にトレンドが続いてくれるものではありません。

 

「トレール注文を行ったから」と言っても必ず利益が伸びるわけでもありません。

 

ときには、トレール注文を行わずに

ある程度自分で利益が出たら決済してしまうほうが、

利益が多いこともありますので使う際には注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク