トレール注文の有効な使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXの注文方法に「トレール注文」と言うのがあります。

トレール注文は便利な注文方法です。

 

ぜひ覚えてトレードの際に使ってみてください。

 

トレール注文についてわからない方はこちら

 

トレール注文は、

ロングの際にはレートが上がれば上がり、

ショートの際にはレートが下がれば下がります。

 

しかし使う際には、注意しなければならないポイントがあります。

それは「トレンドが続かなければ利益が出にくい」ということです。

 

 

例えば100円でロングし、

トレール注文を1円の値幅で出したとします。

 

しかし、そのままレートがマイナス方向に移動してしまったのならば、

トレール注文は99円のままなので、

99円で損切りになってしまいます。

 

それでは「1円のマイナス」になってしまうのです。

 

ショートの場合も同じです。

 

100円でショートし、

トレール注文を1円の値幅で出したとします。

 

しかし、そのままレートがマイナス方向に移動してしまったのならば、

トレール注文は101円のままなので、

101円で損切りになってしまいます。

 

こちらも「1円のマイナス」になってしまうのです。

 

 

ですから、トレール注文を出す際のポイントとしては、

「ある程度利益が出たのを確認してからエントリー」していただきたいです。

 

 

 

そして、ある程度利益が出ているポイントでトレール注文を出す際に、

エントリーした価格以上で利食いができるポイントで、

トレール注文を出す方法もあります。

 

そうすることによって最悪の場合レートが反転したとしても、

少し利益を出してトレードを終えられますし、

もしくは、損益なしでトレードできます。

 

そのトレードでは「負けなくなる」と言うことです。

 

なおかつそのままトレンドが続けば、

利益を伸ばすこともできる注文方法なのです。

 

 

利食いが伸ばせない方などには、

とてもいい注文方法です。

 

確かに負けなくなりますが、

「引き分けのようなトレード」が増えてしまいます。

 

しかし、その引き分けはトータルで利益を考えたときは、

とても大きいのです。

 

 

人によっては、もの足りないと思うかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

 

引き分けになったと言うことは、

そのトレードがなかったようなものなのです。

 

そのトレードを気にすることなく、

また次のトレードをすればいいのです。

 

 

そしてなおかつ、利益をコツコツ積み上げていくのです。

一見引き分けは、無駄に見えますが

とても大きな引き分けなのです。

 

FXは勝てなかった以上に負けなかったことのほうが、

意味があります。

 

 

ですから、トレール注文をぜひ検証などで使っていただき、

その素晴らしさを知って欲しいです。

 

トレール注文は、トータルで考えるとものすごい威力を発揮する注文方法です。

このことを踏まえたうえで使っていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク