トレール注文の有効な使い方

FXの注文方法に「トレール注文」と言うのがあります。

トレール注文は便利な注文方法です。

 

ぜひ覚えてトレードの際に使ってみてください。

 

トレール注文についてわからない方はこちら

 

トレール注文は、

ロングの際にはレートが上がれば上がり、

ショートの際にはレートが下がれば下がります。

 

しかし使う際には、注意しなければならないポイントがあります。

それは「トレンドが続かなければ利益が出にくい」ということです。

 

 

例えば100円でロングし、

トレール注文を1円の値幅で出したとします。

 

しかし、そのままレートがマイナス方向に移動してしまったのならば、

トレール注文は99円のままなので、

99円で損切りになってしまいます。

 

それでは「1円のマイナス」になってしまうのです。

 

ショートの場合も同じです。

 

100円でショートし、

トレール注文を1円の値幅で出したとします。

 

しかし、そのままレートがマイナス方向に移動してしまったのならば、

トレール注文は101円のままなので、

101円で損切りになってしまいます。

 

こちらも「1円のマイナス」になってしまうのです。

 

 

ですから、トレール注文を出す際のポイントとしては、

「ある程度利益が出たのを確認してからエントリー」していただきたいです。

 

 

 

そして、ある程度利益が出ているポイントでトレール注文を出す際に、

エントリーした価格以上で利食いができるポイントで、

トレール注文を出す方法もあります。

 

そうすることによって最悪の場合レートが反転したとしても、

少し利益を出してトレードを終えられますし、

もしくは、損益なしでトレードできます。

 

そのトレードでは「負けなくなる」と言うことです。

 

なおかつそのままトレンドが続けば、

利益を伸ばすこともできる注文方法なのです。

 

 

利食いが伸ばせない方などには、

とてもいい注文方法です。

 

確かに負けなくなりますが、

「引き分けのようなトレード」が増えてしまいます。

 

しかし、その引き分けはトータルで利益を考えたときは、

とても大きいのです。

 

 

人によっては、もの足りないと思うかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

 

引き分けになったと言うことは、

そのトレードがなかったようなものなのです。

 

そのトレードを気にすることなく、

また次のトレードをすればいいのです。

 

 

そしてなおかつ、利益をコツコツ積み上げていくのです。

一見引き分けは、無駄に見えますが

とても大きな引き分けなのです。

 

FXは勝てなかった以上に負けなかったことのほうが、

意味があります。

 

 

ですから、トレール注文をぜひ検証などで使っていただき、

その素晴らしさを知って欲しいです。

 

トレール注文は、トータルで考えるとものすごい威力を発揮する注文方法です。

このことを踏まえたうえで使っていただきたいです。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

ダウ理論でトレンド転換を確認してトレードする方法

トレンドラインとは

ダウ理論とは

レートの異常を見極める移動平均線乖離率のわかりやすい解説

順張りの聖杯プラスと呼ばれるトレンドフォローのトレード方法

ダウ理論を利用した利益確定方法