トレード中は余計なことを考えないほうがうまくいく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXのトレード中は、あまり考えないほうが、

結果的にいいトレードができます。

 

考えるとするのならば、

今起こっている状況だけを認識して、

自分のルールに該当するかどうかだけを気にしていただければ、

考えることはそれだけです。

 

 

 ・レートがなぜ上がった

 ・レートがなぜ下がった

 

このような今起こっている原因を気にする必要はありませんし、

「なぜレートが動いたか」このようなことはトレード中はどうでもいいですし、

考えたところでレートは変わりませんので、

考える意味がありません。

 

 

そのことを気にすることによって、

相場をニュートラルに見られなくなってしまいます。

 

 

「相場をニュートラルに見られなくなる」と言うのは、

余計なことを考えてしまうことによって、

トレードの邪魔になってしまいます。

 

「レートが次にどうなるのだろう?」

「この経済指標がよかったから上がるはずだ」

 

もしも経済指標の結果が良かったとしても、

その結果が、いつもはレートを上がるのかもしれませんが、

今回はその通りに上がるのかはわかりませんし、

もしも自分のトレード手法がショートのサインを出したのならば、

みなさんは迷わずショートできますか?

 

 

迷わずショートできると答えた方はすばらしいです。

 

 

ですが「迷ってしまう」と答える方がほとんどではないでしょうか?

 

この迷いがトレード中はものすごく邪魔になり、

自分のトレードができなくなってしまいます。

 

 

相場が次にどうなるか?

 

こんなことは考えても意味がありません。

 

 

 ・上がったなら上がったなりの対処

 ・下がったなら下がったなりの対処

 

これをするしか私たちにできることはありません。

 

FXは、相場の予想をするのではないのです。

FXは、トレードをするものなのです。

 

この違いがわかりますか?

 

 

では、わかりやすく説明します。

 

予想すれば、その予想通りに動くと考えるのが人間です。

しかし、その予想が外れたときに、

素直に「予想が外れた」という事実を受け入れられないのも、

私たち人間なのです。

 

もう私たちの行動は、

トレードルールを作っている段階で決まっているのです。

 

トレード中にできることは、

・レートが上がったらこうする

 ・レートが下がったらこうする

 

このようにあらかじめ決められたことを何も考えずに実行するだけなのです。

 

ここで余計なことを考えてしまうと人間は素直に、

決められたことを実行できなくなってしまうのです。

 

 

ですから、その決められたことを変えたいのであれば、

検証の段階で決めればいいですし、

レートがなぜ動いたのかもトレードが終わってから考えればいいです。

 

 

ですから、トレード中は気楽に自分のトレード手法通り、

ルール通りに私たちは、

”ぼけーーーーっと”注文をだせばいいのです。

 

 

余計なことを考えると疲れますしねw

 

 

”ぼけーーーーーっと”トレードすることをこころがけてください。

 

 

このようなことが「相場をニュートラルに見るということです」

何となく理解できましたでしょうか?

 

最後に注意しなければならないのが、

「ぼけーーーーーっとしすぎてエントリーできなかった」

このようなことのないようにしていただきたいですw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク