トレード終了直後に振り返ることによってトレードが上達する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、トレードを行った後にトレード記録を取っていますでしょうか?

トレード記録を取っていないと言う方は、今から取ってください。

 

トレード記録を取ることは勝つためには必須になります。

 

トレード記録を取ったからと言って勝てるようになるわけではありませんが、

勝っているトレーダーは、トレード記録をどんな形であれ取っています。

 

取らなければ始まらないのです。

 

 

そして、トレード記録を取る際に気を付けていただきたいのが、

トレードが終わったらできるだけ早くトレード記録を取っていただきたいです。

 

すぐにトレード記録を取ることによって、

トレードに臨場感やそのときに感じていた感情などが鮮明にわかりますし、

早ければ早いほど濃いトレード記録が取れるのです。

 

そして、トレード記録はただ単に取ればいいと言うものでもありません。

 

ちゃんとトレードを振り返ってください。

・トレードでミスがあったのか

 ・思いどおりにトレードできたのか

 ・なぜ思いどおりにトレードできなかったのか

 

さまざまなことが振り返れますし、

このことによって反省し、

次のトレードで同じ過ちをしないようにする努力ができるのです。

 

 

このトレードを振り返ることも、

トレード記録を取ると同様にできるだけ早く行っていただきたいです。

 

できればその日のうちにトレード記録を取り、トレードを振り返っていただきたいです。

そうすることによってこちらも同様にとても”濃い復習”になります。

 

いずれトレード記録を取ってトレードを振り返るのならば、

できるだけ内容が濃いものにしたほうがいいですし、

そのほうが効率的です。

 

 

確かに負けたトレードを振り返ることは、

とても嫌な行為かもしれません。

つらい行為かもしれません。

気が進まないかもしれません。

 

ですが、このようなことを言っていたらいつまでたっても、

同じ過ちを繰り返してしまいますし、

同じ過ちを繰り返さないようにはなれません。

 

 

同じ過ちを繰り返さないようになれば、

勝てるトレーダーに近づくことができますし、

勝てるようになる可能性があるのです。

 

同じ過ちを繰り返していては、

「勝てるようになる可能性はない」と言っても過言ではありません。

 

 

あなたも「同じ過ちを何回繰り返すのか」

このようなことを思うことはありませんでしょうか?

 

「ある」と答えたのならば、

今すぐ行動しなければなりません。

 

 

トレードが終わったのならば、すぐにトレード記録を取り、

トレードを振り返ってください。

 

この作業が終わるまではトレードは終わりではないのです。

 

 

むしろこの作業のためにトレードをしているのです。

 

この作業でしか私たちは成長できませんし、

トレード手法が勝てるようになることも、

メンタルが強くなることもないのです。

 

 

トレードなど”この作業の確認”にしか過ぎないのです。

 

 

ですが、結局はあなた次第です。

私が行動するわけでもありませんし、

ほかの誰かが行動するわけでもありません。

 

勝ちたいのならば、行動しなければいけませんし、

勝ちたくないのならば、行動しないままでも構いません。

 

 

おそらく全員が勝ちたいと思っているでしょう。

 

ですから、行動してください。

 

行動するしか変れませんし、

変ることはありえません。

 

 

トレード記録を取るのも、振り返るのものすごくめんどくさいですしとても嫌です。

 

 

しかし、勝てないほうがもっと嫌ではありませんか?

 

 

そう思うのでしたら、

今すぐに行動できますよね?

 

 

始めは嫌かもしれませんが、

すぐに慣れますし、

この作業を行うことによるとても大きな効果がすぐに表れます。

 

今まで何回も繰り返していたミスが自然に繰り返さないようになるのです。

この成長を体感できますし、

この成長を体感したあなたはトレード記録を取り、

トレードを振り返ることの本当の意味を知ることになるでしょう。

 

 

あなたが努力することができれば、

いくらでも道は開くことができますし、

その道はどこまでも続いていくのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク