トレードスタイルを決める

もうすでにトレードしている方やこれからトレードする方で、

自分のトレードスタイルを決めていない方は、

まずどのようなトレードスタイルでトレードするかを、

決める必要があります。

 

FXの特徴としてFXは「とにかく自由」なのです。

 

自由なのはいいのですが、自由すぎるのです。

 

ですから「誰もここはあれでここは、こうするなど」

このような指定してはくれません

 

すべてを自分で決める必要があります。

その中でどのようなトレードをしていくかを決めなければなりません。

 

もちろんトレードをするうえで向き不向きがあります。

 

ですから、まず自分がどのような

トレードのスタイルが合っているかを

知らなくてはいけません。

 

 

ですが実際に、どんなトレードをすればいいのかわからないですよね。

 

とりあえず最初は、デモトレードなどの”いくら負けてもいい無敵の状態”で、

いろいろ試してください。

 

いろいろ考えていても、前には進めません。

とりあえず行動していただきたいです。

 

行動しなければなにも始まりませんし、なにも得られません。

ですからデモトレードでとにかく”行動”してみてください。

 

ネットで「デモトレード FX」このように検索すれば、

いくつか出てきますし、

とりあえずいろいろ注文方法の確認などをしてみましょう。

 

「最初からわざわざ口座を開設する」

必要はありません。

初めはデモトレードで十分なのです。

 

まずは、練習してみてください。

 

 

そして次に、トレードスタイルの大まかな種類を説明していきます。

 

まずFXは「時間が自由」です。

 

まずどのくらいの期間でトレードするかによって、

大まかなトレードスタイルを決められます。

 

スキャルピングトレード

トレードする時間は、数秒から数分です。

利益を狙うのは差額になります。

 

デイトレード

トレードする期間は、数分から一日です。

利益を狙うのは差額になります。

 

中期トレード

トレードする期間は、数時間から数日です。

利益を狙うのは差額になります。

 

スイングトレード

トレードする期間は数日から数週間です。

利益を狙うのは差額になります。

 

長期トレード

トレードする期間は、数週間から数年です。

利益を狙うのは、差額とスワップポイントになります。

 

 

大まかな種類は、説明しますとこのような種類になります。

「別に、この例えの中でしかトレードしなければいけない」

このようなわけでもありません、

 

昼間働いているので「夜しかトレードできない」方は、

スキャルピングから始めていただければ構いません。

 

昼間働いているけれど「トレードは一日中できる」方は、

デイトレードから中期トレードをすればいいです。

 

あまり毎日トレードするのは「難しい」方は、

スイングトレードといった形で、のんびりトレードすればいいです。

 

長期トレードに関してはおすすめできません。

初心者の方には、少しハードルが高いです。

 

 

ですが、最終的に決めるのはあなた自身なのです。

 

とにかくデモトレードで実際にさまざまなことを行うのが、一番の得策です。

無駄なお金を節約できますし、経験値も得られます。

 

最初は気軽にトレードしてみてください。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

OCO注文とは

デモトレードを勧める理由

FXと株信用取引、商品先物の違い

チャートの見方について

FXと外貨預金の違い

トレンドとは