トレード中にそわそわしてしまうときの対処法

みなさんの中にデモトレードでは「平常心でトレード」できたのに、

「リアルトレードになった瞬間に平常心を保てない」

このような悩みを抱えている方もいると思います。

 

今回はそんな悩みを抱えている方に、

どのように考えることができるのならば、

平常心を保てるのかを説明します。

 

 

 

私もそうでしたが、

   ・リアルトレードになると落ち着きがなくなってしまう

 ・ポジションが気になって仕方がない

 ・レートが気になって眠れない

 ・トレードの事で仕事が手につかない

 

他にもいろいろあると思いますが、

多くの方がこのようにポジションを持つまたは、

トレードチャンスをうかがっているときに、

落ち着きがなくなってしまいます。

 

 

なぜほとんどの方が、

このような同じ悩みを抱えるのでしょう?

 

みんなが共通している悩みなので、

勝手ですが親密感がわいてきます。

 

「自分だけではなかった。仲間がいた」

 

このように自分一人で悩んでいたけれど、

他にも同じ悩みで悩んでいる方がいることがわかり、

少しは気持ちが楽になったのではないでしょうか?

 

 

みんなそうなのですよw

 

 

最初からトレード中に平常心なんか保てません。

保てる人は、心がないのかと疑ってしまいますよねw

 

 

 

ですが、トレード中に平常心を保てる人もちゃんとみなさんと同じ人間です。

心がありますし、感情があります。

 

ですが、トレードのときには、

その感情を制御できるのです。

 

 

よく本などでFXは、

「余裕資金でやれ」

このように書かれています。

 

 

しかし、こんなことを言われていても厳しい世の中です。

 

「余裕資金」でやらなければいけないことは、

みなさん十分にわかっていらっしゃると思います。

 

私もそうでしたが、なかなか余裕資金がある人ばかりではありませんし、

お金がないからこそFXをやっている人も中にはいます。

 

 

私もよくトレードで負けると叫んでいましたし、

相場に対して怒りを感じていました。

そして、ポジションを持つと神に祈っていましたw

 

 

私のように、このような異常な行動をとってしまう方もいるのではないでしょうか?

 

 

 

ですが、なぜでしょう?

 

なぜ相場に対して怒りを覚えるのでしょうか。

 

 

 ・私たちが勝手にトレードして

 ・勝手に負けて

 ・勝手に神に祈って

 ・勝手に怒って

 

このようなことは、すべて私たちの勝手です。

相場は何もしていません。

 

相場はそこに存在して、

ただその価値に見合ったレートを表示しているだけです。

 

 

全て相場には関係ありませんし、

私たちが正しいのではありません。

 

相場で起こっていることがすべて正しいですし、

”答え”です。

 

 

このことを理解していただければ、

トレード中に少しは、

落ち着けるのではないでしょうか?

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

テクニカル指標ではなくレートの動きを見てトレードする

指標発表後トレードしてはいけない理由

トレード記録を付けるために気を付けなければいけない事とは

トレードに自分の感情を入れてはいけない

トレードで負けても相場に怒る理由はない

他人の予想を信じてはいけない