目指すトレード中の心理状態とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、トレード中に以下のような感情を抱いているかもしれません。

   ・儲けたい

 ・損切りしたくない

 ・ドキドキハラハラしたい

 ・トレードしなければ気が済まない

 

上記に挙げたこと以上にさまざまな感情をトレード中に抱いていると思われます。

 

しかし、それは”勝てていない”トレーダーの多くに当てはまることです。

 

勝っているトレーダーの心理状態は、

「無」です。

 

何も感じないですし、何も思わないのです。

 

トレード中は、ただ単に自分のルールを守ることしか考えていないのです。

「儲けたいと」心のそこから思っていたとしても、

その感情をトレード中に表にだすことはありません。

 

トレードで勝ってもいいですし、

負けてもいいのです。

トレードチャンスが現れようとも、

現れなくても構わないのです。

 

とにかく何も思わないのです。

 

勝ってもうれしくないですし、

負けてもくやしくありません。

 

何も感じないのです。

 

 

ですから私は、正直トレード中は勝てていないときのほうが、

楽しかったかもしれません。

かといって今FXが、つまらないわけではありません。

私は、今でもFXが好きですし楽しいです。

 

ですが、トレード中に関して言えば昔のほうが楽しかったのかもしれません。

 

 

一見感情がなくつまらないと思われるかもしれませんが、

そんなことはありません。

こちらの「無」の感情のほうが利益は出ますし、勝てます。

 

 

ですが、感情がなくなることによって私が感じる1番のメリットとはなんだと思いますか?

 

精神的に「楽」なのです。

 

とにかくトレード中「楽」なのです。

 

何も感じないから「楽」なのです。

 

負けてもくやしいとか思わないのですよ?

 

昔なら「リベンジしてやろう」とか、

「負けを取り返してやろう」などと思っていましたが、

今ではそのようなことはありません。

 

トレードチャンスが訪れなくても、

何も感じません。

 

 

簡単に言ってしまえば「ストレスがない」のです。

 

 

確かに全くないわけではありません。

昔は勝てなければ焦っていましたし、いら立ちを隠せませんでした。

 

しかし、今はそんなことありませんので、

精神的に楽なのです。

 

このように楽な心理状態になりますので、

余計な感情が現れません。

 

余計な感情が現れないと言うことは、

余計なことを考えなくて済むのです。

 

ですから、頭の中がすっきりしていますし、

「今自分が勝つためには何をしなければならないか」

このように答えが頭の中で明確に出ていますし、

その答えを疑うことがなく行動できるのです。

 

 

ですからみなさんも、このような「何も感じない」心理状態になっていただければ、

精神的にも楽ですし、トレードの成果にもつながります。

 

もちろんすぐには、このような心理状態にはなれないかもしれませんが、

「何も感じない」心理状態があることを理解していれば、

いずれこのような心理状態になれますし、

目指せます。

 

みなさんもぜひ「楽」にトレードできるように努力していただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク