トレードはサイコロの出た目の確率を求める事と同じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、トレードとはどのようなものだと思いますか?

 

私は「確率論」だと思っています。

 

トレード手法の勝率が「60%」だとします。

 

もしも100回トレードしたのならば、

 ・勝ちトレードが60回

 ・負けトレードが40回

 

おおよそこのような回数になります。

 

確率とは、

結束するのです。

 

数を重ねていけば重ねていくほど、

その確率は結束するのです。

 

 

ですから、確率は長期的に考えなければ意味がありませんし、

私たちには、そのトレード手法を忠実に行い、

回数を重ねていき、結束させるしかできないのです。

 

トレード中何を考えても意味がありませんし、

結果は変わりません。

ただ単に回数を淡々とこなしてくしかできないのです。

 

 

ですから、5連敗することなんてありえますし、

私たちにはどうすることもできないのです。

 

 

しかし、勝率が60%のトレード手法が、

「5連敗」したと言うことは、

その後”連勝”が待っていると言うことになります。

 

 

連敗したからと言って、

落ち込むことなどありません。

 

先につらいことを経験して、

これから勝ちが待っているのですから、

本当に確率を理解しているのならば、

幸せなことなのですよ。

 

 

そして、連勝を手に入れるには、

そのままトレード手法を変えていけません。

トレード手法を変えてしまったら何の意味もなくなってしまいます。

 

このことは、初心者の人や勝てていない人によく言えます。

 

 

少しトレードしたからと言って、

勝てずに諦める。

そして、これを何回も何回も繰り返す。

 

そんなことをしていたら、

勝てるものも勝てないのです。

 

 

トレード手法を確率が結束するまで使ってください。

 

勝つ勝たないは、どうでもいいのです。

問題なのは、そのトレード手法を忠実にトレードできているかどうかです。

 

そこを注意していただければ、

あとは、サイコロを転がすだけです。

 

例えるのならばトレードとは、

サイコロを転がして、

でた目の数を記録するだけなのです。

 

サイコロの確率は6分の1ですよね?

 

今から私が、100回サイコロを転がして、

でた目をそれぞれ記録して、

「確率を求めろ」と言ったらみなさんどうしますか?

 

 

サイコロの目なんて何がどうでようが、どうでもいいですよね?

何もモチベーションを感じませんよね?

「6が出ろ」なんて期待しませんよね?

 

結束させる以上、でる目の順番に意味はありませんよね?

 

トレードもサイコロと同じです。

 

ただ単に何も考えずに、

トレードつまりサイコロを転がすだけなのです。

 

 

もう確率が決まっているのならば、

あとは回数を重ねていくだけです。

 

でる目が何かは気にしなくていいのです。

勝とうが負けようが関係ありません。

 

 

このことって、小学生の算数で習うことです。

この当たり前のことを理解していない人が多いです。

よく確率が理解できないのならば、

また復習してください。

 

今自分がちゃんと確率を理解しているようなトレードができているか、

確認してみてください。

 

もしも、できていなかったのならば、

もう確率を理解できていると思いますので、

どう行動すればいいのかわかりますよね?

 

確率を理解すればするほど、

考えるのが「無駄」だとわかりますよね?

 

 

理解できたのならば、

トレード中に余計なことを考える必要はありませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク