勝つためのトレードルールを決める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXをトレードしていくうえでルール作りはかかせません。

自分で検証して確かめてそれで初めて自分のルール自分の癖などがわかってきます。

そのルールを決めてそのルールを頼りに相場で戦っていくのです。

 

暗い闇の中何も道しるべは、なにもありません。

その道しるべを自分で作らなければなりません。

それが、ルールです。

 

「決めていない方」は、すぐに何でもいいので作ってみてください。

 
どんなルールにしたらいいか分からないって言う人は、

参考程度にとりあえず私が思う、

やってはいけないことを書いていきます。

 

 

初心者がやってはいけないシリーズ

 

 

 1、逆張り
 2、ナンピン
 3、ストップを置かない
 4、オーバートレード
 5、早く安心が欲しくて10Pipsとかで利食いをしてしまう
 6、ドキドキや刺激を求めてトレードする
 7、急にマーケットが動いてもう遅いのに飛びついてしまう
 8、同じポジションにこだわる
 9、ポジポジ病
 10、無理やりこじつけてトレードする
 11、感覚でトレードする
 12、全部のトレードを勝ちにいくまたは、勝とうとする
 13、オシレーターに頼りすぎる

 

 

まだまだありますが、代表的なのが上記になります。

 

「わかりにくい」と思う人もいるかもしれませんので、

1から解説していきたいと思います。

 

 

1、トレンドに逆らってトレードする下降トレンドなのにロングしてしまう。

 

2、ナンピン、どんどんポジションを増やしてしまう「買い増し」

 

3、ストップを置かない、損切りしない、

最初は損切りを出していても、その損切りに近づくとそのストップを外してしまう。

 

4、リスクを取りすぎる、証拠金ぎりぎりのポジションをもってしまう。

 

5、利益が出ていてその利益を失うのが怖くてビビリ利食いしてしまう「チキン利食い」

 

6、FXをギャンブル感覚でやりドキドキやハラハラを求めてしまう、その結果オーバートレードにつながる。

 

7、チャートをみていて急に自分が思っていた方向に動いたが、

もうエントリーするタイミングは逃してしまったのに、

こんなにチャートを見ていたのにエントリーできなかった自分がゆるせないまたは、

悔しくて飛び乗ってエントリーしてしまう。
8、ストップにかかった後その負けが悔しくて、損失を取り戻そうとしてまたエントリーしてしまう。

 

9、とにかくトレードしないと気が済まなくて、

勝ち負けよりポジションをもっていたい願望を優先しトレードしてしまう。

 

10、ぜんぜん関係ない場面で無理やり自分を納得させて急きょシナリオを描きトレードする。

 

11、「これだけ動いたしそろそろ下がるだろう」と勝手に解釈して、

(今まで使ってきた手法を無視して)値ごろ感でトレードしてしまう。

 

12、とにかく負けることが許されなくて利益より勝ちにこだわる勝率は90%だけれども、

残りの10%でその勝ち分以上負ける。

 

13、相場そのものを見ないでオシレーターの判断だけでエントリーしてしまう。

 

 

以上になります。

 

 

こういうところから自分でルールを作っていくのです。

トレードを見返して「ここはああだったなとかだからこれをしないように、気を付けよう・・・・・・」

このように思う方が多いですが、

私は「気を付けよう」ではだめだと思うのです。

 

たとえば逆張りをしないとかナンピンをしないとかってルールを作ることが大事なのです。

人それぞれですが「3連敗したらトレードを休む」

このようなルールもあるかもしれません。

 

本当にルールは人それぞれなのです。

実際自分で気づいているけど気づいていないふりをしていると思うのです。

 

嫌なことに目をむけることを逃げているってことは、ないでしょうか?

逃げているって思った人は、逃げないでください。

逃げていては克服できないと思いますし成長もありません。

 

いきなり「ルールを守れ」このように言われても、

実際は、なかなかできないです。

しかしルールを作ることは誰にでもできます。

 

とりあえず自分の胸に手を置いて深呼吸して考えてみてください。

いくつかルールが思いつきましたよね?

 

とりあえずそれを書いてみてください。

その”書く”って行動、最初の一歩が大事なのです。

最初は守れないですけどそのうち守れるようになりますから心配しないでください。

 

「思考は現実化する」

 

 

 

この言葉、私は本当だと思いますし、信じています。

みなさんもよかったら一緒に信じてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク