トレードルールの作り方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、FXでトレードするうえで、

トレード手法またはそれを守るルールがありますか?

 

ないと答えた方は、今すぐ作ってください。

作らなければ、この先に待っているのは、

「損失」です。

 

FXは、そこまで甘くありません。

そのような中途半端な覚悟を持った人は、

あっという間に相場の”餌食”になってしまいます。

 

ライオンのいる檻に、

いきなり飛び込んで、お手をさせようとしているようなものです。

そのくらい危険だということを認識してください。

 

まずは、生き残るためにも、

トレード手法またはルールを作ってください。

 

 

そして、トレード手法があると答えた方も、

ちゃんとそのトレード手法またはルール通りにトレードできているでしょうか?

 

できていない方が圧倒的に多いと思われます。

守ってください。

守らなければ、ルールなんてないようなものですし、

守らなければ、意味がありません。

 

 

ぜひルールの守られたトレードを行ってください。

 

 

そして今回は、

トレードルールの作り方を説明します。

 

 

まず、どのようなトレードスタイルかを決めます。

トレンドフォローなのかレンジのブレイク狙いなのか、

自分の1番好きな形で構いません。

 

次にトレードスタイルが決まったのならば、

損切りのルールを作ります。

FXは、損切りを絶対にしなければいけません。

 

 

そして、次に利食いの目安を決めます。

損切りの幅の最低2倍以上は、利食いをするようにしてください。

 

利食いは、欲張りすぎると勝率は下がります。

ですが、そこまで気にせず最初は大体で構いません。

 

 

そして、エントリー、損切り、利食いの流れを、

デモトレードで検証します。

 

ここで必ずデモトレードまたは、最小単位1000通貨などで検証を行ってください。

そして、過去のチャートを使っても検証をします。

 

そして、トータルで利益が出るのか確認します。

 

なるべく期間が長ければ長い程いいです。

 

トータルで利益が出ないのならば、

エントリー、損切り、利食いに何か問題がないかを検証しながら模索します。

 

無駄なトレードや防げる損失がないか考えるのです。

 

利食いも伸ばせるものがないかなど自分自身の頭で考えなければなりません。

その答えは、誰も答えを教えてくれませんし、

正解はあなた自身が知っていますし、

あなたしか答えを出せません。

 

 

トータルで利益が出るまで何回も何回も検証を繰り返します。

トータルで利益が出ていないのに、

リアルトレードなんか絶対にできません。

 

検証の段階で勝てる期待値がなければ、

リアルトレードでは必ず負けます。

絶対に勝つことはありません。

 

 

何度もトータルで利益が出るまで検証してください。

そしてその検証では、

絶対にルールを守ってください。

 

ごくまれに「ルールを守らないことを前提にルールを作る」方がいますが、

ありえません。

ルールを守ることを前提にルールを作って検証してください。

 

そしてトータルで利益が出るまで繰り返し検証して、

トータルで利益が出たのならば、

始めてリアルトレードで使うことが許されます。

 

 

そして最後に1番ルール作りにおいて力を入れなければならないのが、

”損切り”になります。

まずは、この損切りのルールを全力で作り、

そして、徹底してください。

 

 

そして、このルールを守るように、

全力で努力していただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク