トレードするのが怖い場合の対処法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんの中にもエントリーするのが怖い、

「トレード恐怖症」になってしまった方もいるのではないでしょうか?

 

私もポジポジ病を克服した後に、

トレードすることが怖くなってしまいました。

 

エントリーできないのです。

 

今思うと不思議ですよねw

 

 

本題に戻りますが、

エントリーするのが怖いと言うことはどういうことでしょう?

 ・損失が怖い

 ・負けることが怖い

 ・リスクを取るのが怖い

 

このような理由が考えられますが、

結局「損失を受け入れられていない」のです。

 

 

もちろんFXをやる上で、

適度な緊張感や適度な危機感は必要になります。

 

しかし、その緊張感や危機感のせいでトレードできなくなってしまったのであれば、

それは「適度」ではないのです。

 

「過度」なのです。

 

トレードルールを決めたのにもかかわらず、

目の前のエントリーチャンスでエントリーできないのであれば、

それはそれでルールを守れていないのです。

 

 

ルールを信じてください。

長期的に考えれば勝てるルールを作ったのですよね?

 

そうでしたら、そのルール通りにトレードするのです。

勇気をもってトレードするのです。

ルールを守っているのですから安心してください。

 

何のために検証を行い悩んでルールを決めたのですか?

 

トレードするためですよね?

 

ルールは、作れば満足なものではないのです。

ルールは「コレクション」ではないのですよ。

 

トレードしてください。

ルールを守ってください。

自信を持ってください。

 

トレーダーは、勇気をもって前に進まなければいけないのです。

立ち止まっている間にも時間は過ぎていきますし、

もう戻ってきません。

 

 

もしもそのトレードが勝ちトレードだったらどうするのですか?

もしもそのトレードがたまにしかない大きな利益を生み出すトレードだったらどうするのですか?

 

トレードチャンスが訪れたのならば、

私たちは、トレードするしかないのです。

いかなるときでもルールに従ってトレードするしかないのですよ。

 

 

確かに「何かを変える」ことは、そう簡単ではありません。

しかし、私たちは変わらなければいけないのです。

 

夢や目標のために変わらなければいけません。

 

何かを変えたいのであれば、

まず自分が変わらなければならないのです。

 

 

もしもそのトレードで負けたとしてもいいではありませんか。

 

ちゃんと損切りができれば、

次のトレードもあります。

そして、その次のトレードもあるのです。

 

 

その相場の女神がほほ笑んだときに、

あなたは、呆然とチャートをみているのですか?

 

トレードチャンスが訪れたのならば、

「迷う」ことなんてありません。

 

相場があなたのエントリーを待っています。

そしてその先には、あなたの目指すところ目指す場所があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク