FXでは高くなったら買う安くなったら売るようにしなければならない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんはスーパーなどやコンビニなどに、

買い物に行かれるかと思います。

 

さすがに行ったことない方はいないと思いますが・・・・・・

 

そんなことは置いておいて、

買いものをする際に、

ほとんどの人が確認するものってなんだと思いますか?

 

 

答えは”値段”です。

 

 

中には、値段も見ずに購入される人もいるかもしれません。

私は、貧乏性なので・・・・・・

うらやましい限りですw

 

 

今回は、品物を購入するときに値段を見る方を対象として、

話しを進めていきます。

 

スーパーやコンビニに限らず、

全てのものを購入する際に、

値段を見る方はそのまま続きをご覧ください。

 

 

 

品物を購入する際に、

値段を確認するのですが、

値段が安くなっていたりするとみなさんは思わず、

購入してしまう経験はありますでしょうか?

 

 

先ほど申しあげた通り貧乏性の私は、

値引きなどの言葉に非常に弱く、

いらないものでも勝ってしまって結局損をしてしまうタイプです。

 

 

改善しなければ、いけません。

 

 

・・・・・・

 

 

どうやらこの無駄話しも改善しなければいけないようですねw

 

 

 

話しを戻しますが、

ほとんどの方が、

通常の値段よりもなるべく”安く買おう”とします。

 

そして、反対に、

通常の値段よりも”高く売りたい”と思うのです。

 

このようなことは、

私たちの生活では当たり前のことですし、

当たり前の思考なのです。

 

 

 

なぜなら得をするからです。

得をするような感覚になるからです。

 

 

しかし、この感覚をFXの世界に、

持ち込んではいけないのです。

 

 

FXの世界では、

通常100円のものが、1000円でも買わなければいけませんし、

通常10000円のものが、5000円になっていたとしても売らなければいけません。

 

私たちの普通の感覚の逆の感覚でトレードしなければいけません。

 

このことを体にしみこませなければいけません。

 

 

はっきり言ってものすごく抵抗があります。

抵抗があって当たり前ですし、

抵抗があるからこそ、

多くの人ができないのです。

 

 

この私たちが普通に抱いている、

”値ごろ感”がトレードする際に大きな障害になってしまうのです。

 

 

 

そこの部分を理解しなければいけません。

 

 

 

FXの9割が勝てていない現実を打開するには、

大衆と同じ考えや行動をとってはいけません。

 

 

普段は、まわりに合わせても構いません。

自分の意見を周りに合わせても構いません。

 

しかし、FXのときだけは、

まわりに合わせてはいけません。

 

あまのじゃくになってください。

まわりの反対のことをしてください。

 

このことの意味を本当に理解できるのであれば、

普通の人の逆の行動を自然に取れるようになっていきます。

 

 

もちろんまわりに合わせることも、

自分の意見をときには言わないことも、

私たちの今までの人生で培ってきた経験で出した答えかもしれません。

 

ずっとそのように生きてきたのですから、

そう簡単に反対のことはできません。

 

 

しかし反対の行動をする努力をしてください。

 

常に思っていてください。

 

常に思っていれば徐々にですが、

FXの感覚になれてきます。

 

 

逆に言ってしまえば、

常に思っていない限り、

FXの正しい感覚にはなれません。

 

ですからみなさんも、通常100円のものを1000円で、

何の抵抗もなく買えるようなトレーダーになってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク