借金をしてトレードしてはダメぜったい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お金がある方もいれば、

お金がない方もいらっしゃると思いますが、

正直FXは、お金がなければ勝つことが難しいです。

 

「年利100%をFXで稼ぐ」

このことはすごいことです。

 

しかし、資金が10万円では、

1年で”20万円”にしかならないのです。

 

1ヵ月で計算してみると、

1万円を切ってしまうのです。

 

しかし、同じ年利100%でも、

100万円の資金あれば、

年間で”100万円”の利益になります。

 

同じ年利100%でも資金によってここまで差がでてしまいますし、

そこがFXの魅力であり、

難しさなのかもしれません。

 

 

FXを行っている全ての人がお金を自由に使えるわけではありません。

100万円が余剰資産(よじょう資金)の人もいれば、

10万円しか余剰資産がない人もいます。

また、余剰資産が全くない人もいるのです。

 

 

しかし、FXはできるだけ余剰資産で行っていただきたいです。

こちらの記事にも余剰資産を使う重要さが書いてありますので、

ぜひご覧になっていただきたいです。

 

FXで余剰資産をつかう理由

 

そして、余剰資産がないけれど、

FXの資産を何とか確保しようとして意外と多くの方が、

「借金をする」

このような選択肢を取ろうとする方がいるのですが、

絶対にやめていただきたいです。

 

私も、生活費をトレードに使っていた時期がありましたが、

それでさえもとてもプレッシャーであり、

緊張感がいつもの比ではありませんでした。

 

そのお金がなくなれば、

食費もありませんし、

何もすることもできませんでした。

 

当時の私は生活費をできるだけトレードの資金に回していました。

給料日まで残り2週間もあるにもかかわらず、

すべてのお金を使ってしまったこともありましたし、

お昼ご飯を食べずに仕事をしていました。

 

結局そうなってしまえば、

「借金」しか残されていませんし、

結局借金をしてトレードしていたようなものでした。

 

この悪循環では、勝てるトレードも勝てません。

当たり前ですよね。

余剰資産で勝てないものが、

自分のキャパを超えたお金を使って勝てるわけがありません。

 

体感してもらえばわかると思いますが、

デモトレードの緊張感とリアルトレードの緊張感、

この違いを体感した方は、

リアルのお金の重みを身をもって感じていると思われます。

 

 

そして、借金や生活費を使ったトレードは、

これ以上なのです。

 

私も正直「借金をしてトレードをすればいいや」

このように思っていましたし、

お金の重みを舐めていました。

 

 

断言しますが、

借金をしてトレードで勝てるのならば、

そもそも借金をするはずがないのです。

 

借金をしようとするのならば、

何とかどんなことをしても頑張って余剰資産を作ろうと努力するはずだからです。

 

私自身余剰資産を作ることに抵抗がありましたし、

そこのところの努力が足りなかったと今でも思います。

 

 

なんだかんだ私も初めは「生活費だから」

このような軽い気持ちでクレジットカードを使い借金をしていましたし、

「勝って返済すればいいや」

このような気持ちでいました。

 

しかし、こんな生半可な覚悟では、

トレードで勝つこと以前に、

借金すら返済することができなかったのです。

 

返済してもなかなか減らない元金、

元金を返済しても貯金のような感覚になり、

また足りなくなったら借りる。

 

このようなことの繰り返しでした。

 

そのようなことの繰り返しで、

”50万円”もの借金をしてしまったのです。

 

 

私のクレジットカードの限度額が”50万円”でしたので、

それ以上借りられなくなったときに、

始めて自分の愚かさに気づかされましたし、

後悔がものすごかったです。

 

そこからは、どちらにしろトレードではまだ勝てていなかったので、

1000通貨などでトレードをしながら、

「借金を返す」と言う生活が始まりました。

 

1ヵ月頑張っても1000円勝てるか勝てないかでしたし、

もちろん負ける月のほうが多かったです。

 

しかし、1000通貨という数量を変えることはありませんでしたので、

頑張って借金を返済しながら、

トレードをコツコツ行っていきました。

 

正直今思い返すとその1000通貨のトレードは、

いい勉強になったと思いますし、

そこでトレードのいろいろなものを学ぶことができました。

 

 

確かにつらかったです。

ものすごくつらかったです。

 

 

毎日毎日FXのことを考え、

トレードを繰り返していたのにもかかわらず、全然お金にならなかったのですし、

借金をしている以上マイナスです。

 

マイナスからゼロにすることがこんなにも大変だとは思いもしませんでした。

 

しかし、トレードで勝てていないのに、

「枚数をとやかく言う資格はない」と思っていたために、

何とか継続することができました。

 

そうして、借金を返し終わるくらいに、

月単位で勝てるようになっていったのです。

 

ここからいろいろな問題や壁にぶち当たりましたが、

今まで努力することができたのだから、

「これからも頑張ってやる」

このように頑張ることができましたし、

モチベーションがなくなることはありませんでした。

 

 

しかし、借金をした事実に変わりはありませんし、

実際の現金を見ていないので、

お金を使っている感覚が借金をしている当時はありませんでした。

 

正直そのような感覚になってしまった自分が恐ろしいですし、

みなさんにもそのような感覚を味わってもらいたくはありません。

 

 

返済しようと本気にならない限り返済できないものです。

生半可な覚悟で「借金すればいい」このような言葉で片付けないでいただきたいですし、

生半可な覚悟では返済することは、

自分が思っている以上に難しいのです。

 

 

結局借金をすること自体間違っていますし、

何よりも結局遠回りになってしまうのです。

 

借金をしたからといって、

FXの資金を確保できるわけではありませんし、

ただ単に「勘違い」なのです。

 

 

確かにFXは、

お金がなければ、稼ぐことは難しいです。

 

そして、なかなかその余剰資産を、

作ることも難しいですし、

自由にお金を使うこともできない人もいます。

 

 

そのもどかしさは私にも痛いほどわかります。

 

 

私自身も安月給でお金がありませんでしたし、

貯金をできる性格でもありませんでしたので、

なかなか余剰資産を作ることができませんでした。

 

しかし「FXで勝ちたい」

この想いだけはありましたし、

常に忘れることはありませんでした。

 

 

ですから、頑張って借金を返すため捨てられるだけのことを捨てたのです。

友達とも遊びにはいきませんでしたし、

贅沢することもなく、

いつもは飲んでいた自動販売機の缶コーヒーも買うのをやめました。

 

とにかく切り詰められるものを切り詰めましたし、

働くだけ働きました。

 

それしか方法がありませんでしたし、

今思い返してみてもそれ以上の打開策はなかったと思います。

 

 

ですからみなさんも今一度冷静になって考えてみてください。

 

借金をしてもしも負けたときのことを考えてみてください。

 

FXはギャンブルではありませんし、

一発逆転できるような気もするかもしれませんが、

実際はそこまで急激に資産は増えないものなのです。

 

 

トレードには完璧な計画性が求められますし、

完璧な自己規律が求められます。

その計画性がなければ簡単に資産を失ってしまいます。

 

その資産が偽りのお金だとしたらどうでしょうか?

 

負けたとしたらゼロではなく、

マイナスになってしまうのです。

 

 

このことは、普通に負けることとは、

同じ金額でも、同じような話しでも、

全く意味が違うのです。

 

借金をすれば余剰資産の問題は、

FXの口座残高上では解決するかもしれません。

簡単かもしれません。

 

しかし、根本的な解決になっていないのです。

 

 

借金をしようとしているのならば、

絶対にやめていただきたいですし、

どうか踏みとどまっていただきたいです。

 

 

どうしても余剰資産がないのならば、

何とかして稼ぐしか方法はありません。

 

レバレッジを増やして、

「リスクを増やせばいい」と言う問題でもありません。

 

そのような偽りの形で得たお金はそれ以上のお金を、

相場に返すのが関の山ですし、

あなたの将来に取ってなんのメリットもありません。

 

 

つらいかもしれませんが、

生活を切り詰めて、

食費を切り詰めて、

遊びに行くこともやめて、

それでも足りなかったらアルバイトなどで、

収入を増やすしかできることはありません。

 

それ以上の解決方法は存在しないのです。

 

どうか頑張ってください。

どうか諦めないでください。

 

私ができることは残念ながら、

応援することしかできませんし、

そのような自分が悔しいです。

 

 

しかし、借金を経験した私だからこそ、

どうしてもみなさんには同じような苦しみを味わってほしくはありませんし、

私のように無駄な時間を過ごして欲しくはありません。

 

 

このような私のお恥ずかしい経験を話すことによって、

1人でも多くの方がFXで借金をせずに済むのならば、

私はそれだけで満足です。

 

 

ですから最後に言わせていただきたいのですが、

「借金だけはしないでください」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク