FX業者のストップ狩りの真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは「ストップ狩り」と言う言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

ストップ狩りとは、

FX業者が私たちの逆指値注文で設定している損切りを、

レートがその損切りの逆指値注文になっていないにも関わらず、

FX業者がポジションを決済してしまうということになります。

 

 

このようなことは、

実際にあると言われてきました。

 

 

しかしその割合は、

昔よりは減ったと思いますし、

そのような理由で、FX業者を憎んでいても仕方がありません。

 

FXは直接私たちがトレードしているようですが、

業者が仲介しているために実際は業者との取引と言っても過言ではないのです。

 

ですから、このようなことができますし、

「ストップ狩り」と呼ばれるようなことが起きているのです。

 

 

しかし、このようなリスクを踏まえたうえでのFXですし、

その業者を選んでトレードしている以上、

すべての責任はあなたにあるのです。

 

 

損切りが意図的に行われたとしても、

そのことを全て踏まえてのFXなのです。

 

勝っているトレーダーと負けているトレーダーが、

同じ業者を使ったとしても、条件は同じですし、

負ける理由にこのようなことを言うのは間違っているのです。

 

「トレードで負けたから」と言って、

その責任を自分以外に求めてはいけませんし、

それではいつまでたっても負けトレードを受け入れることはできないでしょう。

 

 ・FX業者が悪い

 ・ストップ狩りにあったから負けた

 ・自分のせいではない

 

このようなことをいつまで言っているつもりですか?

 

 

そろそろこのようなことを言うことはやめにしませんか?

 

 

FXの責任はすべて自分にありますし、

ほかの誰でもありません。

 

FX業者があなたに「FXをやれ」

このようなことは一言も言っていませんし、

すべてあなたの意志で行動して、

FXを行っているのです。

 

 

その自分の行動に責任をもたなければなりませんし、

その責任を認めなくてはいけないのです。

 

 

厳しいようですが、これが現実です。

 

私が厳しいのではありません。

 

世の中が厳しいのです。

 

ですから私たちは、

それなりのリスクを受け入れてトレードしなければなりませんし、

そのリスクを踏まえたうえで、

トレードで利益を出していかなければならないのです。

 

もし仮にこのようなことが、

不満に思って裁判などを起こしたとしても、

私たちが勝つことはないでしょう。

 

 

 

しかし現在でも、

レートを寄せるようなことは、

行われていると聞きますし、

業者選びは注意して行わなければいけません。

 

 

私たちには、

優良なFX業者を選ぶことしか、

今の段階では”有効な打開策”はありませんし、

それしか方法がありません。

 

ですからみなさんにもFX業者は、

注意して選んでいただきたいですし、

気を付けていただきたいです。

 

もしも、どのFX業者を選べばいいのかわからないのでしたら、

私のランキングを参考にしていただきたいです。

 

おすすめFX業者ランキングはこちら

 

どの会社も私が自信を持って”優良な会社”と胸を張って言える会社ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク