トレードで負けても相場に怒る理由はない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、負けることに対してどのような気持ちでしょうか?

 

おそらく悔しいさや怒りのような感情だと思います。

中には「負けない」このように思っている人もいるかもしれません。

 

その人は、正直考え方が危険ですし、

負けること(損切り)を受け入れることができていません。

FXは負けなければなりません。

負けなければFXは勝てないのです。

 

この意味をよく考えていただきたいです。

 

そして悔しさや怒りの感情がある人は、

少し考え方を変える必要があります。

 

 

もちろん自分に対して悔しい人は、

悔しがってください。

そして、その想いをFXにぶつけてください。

 

今回私が、悔しいさや怒りの感情がある人で、

考え方を変えなければならないのは、

その対象が「相場」の人です。

 

相場に対して悔しさや怒りの感情がある人は、

間違っているのです。

 

 

確かに納得いかないことだらけです。

勝てないことに悔しいですし、

怒ってしまいそうになることは誰でもあります。

 

しかし、その矛先を相場に向けてはいけません。

相場は何一つあなたが、

悔しい感情も怒りの感情も持つようなことはしていないのです。

 

全てあなたに責任がありますし、

全てあなたがやったことです。

 

 

相場にその矛先を向けることは、

見当違いなのです。

 

相場のせいにしていたら、

いつまでたってもその壁を超えることはできないでしょう。

 

夢や目標に達成することはないでしょう。

 

 

相場に対して、

怒りなどの感情があるのならば、

その矛先を自分に向けなければいけないのです。

 

怒りがあるのならば、

その矛先を自分に向けて、

勉強したり、トレードの検証を行えばいいのです。

 

 ・相場が悪い

 ・業者が悪い

 ・経済が悪い

 

このような言いわけをしている暇があるのならば、

今自分が本当にやるべきことはなんなのかを考えてみてください。

 

わからないと言う方は、

「相場があなたにいったい何をしたのか?」

 

この問いを考えてください。

 

 

何も思い浮かびませんよね?

全ての原因が自分にあることが理解できましたでしょうか?

 

相場がいつでも正しいのです。

正しいのは、あなたではありません。

 

 

もし仮にあなたが、

トレードしたとしても、

トレードしなかったとしても、

レートの動きはどちらも変りません。

 

変わるはずがないのです。

 

 

あなたが何をしていようが、

相場の動きに変わりはないのです。

 

決してあなたがトレードしたからと言って、

あなただけを負けさせることなんてありませんし、

世界中のトレーダーもあなたがトレードしているかどうかはわかりません。

 

仮にわかったとしても、

どうもしません。

何もしないのです。

 

わざわざあなたのことなど気にしていないのですよ。

 

もちろんこのことは、私にも言えます。

 

私が何をしていようとも、

相場の動きは同じですし、

変ることはありません。

 

 

このことが理解できるのであれば、

冷静な対処ができるのではないでしょうか?

 

深呼吸してください。

 

 

”あなたは何に対して怒っていたのですか?”

もう一度よく考えてください。

 

先ほどとは、答えが違っているはずですよね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク