難しい相場でわざわざトレードする必要はない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、難しい相場と言うのは、

どのような相場のことを想像しますか?

 

 ・勝てない相場

 ・勝ちにくい相場

 ・負ける相場

 ・大損する相場

 

このようなイメージを抱かれるのではないでしょうか?

 

実際難しい相場というのは、

私たちが勝手に抱いているにしか過ぎません。

 

相場からすれば、

いつでも同じなのです。

 

私たちが勝手にそのように判断しているに過ぎません。

このことを理解していただきたいです。

 

 

では本題に入りますが、

難しいと感じる相場のときにどうすればいいのか?

 

もしも、みなさんがいつもどおりにトレードしようと、

チャートを見たときに、

ヒゲが長くボラティリティ(レートの変動率)が高いと感じる場面が、

あると思われます。

 

しかし、そのような相場のときに、

みなさんは、どのように考えでしょうか?

 

 ・難しい相場だからトレードも難しくなる

 ・難しすぎて上がるか下がるかわからない

 

このようにお考えの方がいるのならば、

間違いです。

正確には、間違ってはいませんが、

正解でもないと私は考えます。

 

もしも、私が難しい相場だと思ったのならば、

トレードしません。

 

「難しい相場だからどうやって利益を出すのか」考えるのではなく、

難しい相場ならば、トレードしないことを選択します。

 

難しいならトレードしなければいいのです。

 

そのように考えることもめんどくさいですし、

トレードしないほうが簡単です。

 

もしも、1ヵ月間難しい相場が続いたとして、

トレードする機会がなかったとしても、

私は構いません。

 

 

「無駄な損失を出さなかったこと」

 

これだけで充分です。

 

私たちは、とても小さな存在です。

相場の世界では無力です。

 

レートが急激に動いたらそれを黙ってみているしかありません。

 

見ていることしかできないのです。

 

 

そうでしたら、難しい相場をどうこうするよりも、

難しい相場ならば「トレードしない」と言う選択肢は、

とても有効だと私は考えます。

 

これが一番簡単ですし、

間違いありません。

 

 

例え1ヵ月トレードすることができなかったとしても、

来月がありますし、

再来月もあります。

 

「来月、再来月の簡単なときにトレードする」と言う選択肢のほうが、

トータルで利益が出るのではないでしょうか?

 

この選択をしたほうが、

トータルで利益を出す確率は高いです。

 

でしたら、わざわざ難しいときにトレードする理由はありません。

 

なぜなら私たちの目指す場所に、

その行動は必要ありません。

 

夢や目標を達成することに、

難しいときにトレードする必要はないのです。

 

 

正直難しい相場を簡単にすることは、

不可能です。

 

そうでしたら、簡単なときだけトレードすればいいのです。

 

 

日々努力をしていれば、

その難しいと感じるハードルも下がります。

 

無理やり下げるのではなく、

勝手に下がると感じるのを待つのです。

 

 

ですから、私たちに今できること、

私たちが夢や目標を達成するために何をしなければならないのかを、

改めて考えていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク