私が相場に完璧を求めなくなった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXは相場を完璧に理解してレートの動きを予想する。

 

このように思われがちですが、

実際はそんなことはありません。

 

相場を完璧に理解することなどできませんし、

正直言って無理なのです。

 

「そんなことありえない」

このように思う方もいるかもしれませんが、

本当なのです。

 

 

私もそのことに関しては、

信じることが出来ませんでした。

 

 

しかし、あるとき行ったトレードによって、

相場に完璧はないとわかることができたのです。

 

 

負け続けていた私は、

その負けを取り返そうとしました。

 

しかも、1回のトレードでです。

 

今思うと恥ずかしいですし、

昔の自分が「バカ」でどうしようもないですw

 

 

そして、1回のトレードで全ての負けを取り返そうとした私は、

自分の資金でトレードできるだけの枚数(取引数量)でトレードすることにしました。

 

何が何でも勝ちたいと思いましたし、

自分の全身全霊をそのトレードにつぎ込むことにしたのです。

 

 

まず私が行ったのは、

デモトレードで3敗してからトレードすることにしたのです。

 

そして、ニュースやレポートなどの媒体から

今後の値動きを多数決で予想し、

自分のテクニカル分析と合う方向にトレードするようにしたのです。

 

これがそのときにできる私の全てでしたし、

そのトレードに持てるだけのポジションを持つことにしたのです。

 

 

そしてその結果は・・・・・・

 

 

 

ロスカットですw

 

 

正直全てを出しきってしまい

頭の中が真っ白になってしまいました。

 

 

それから1週間私のやる気や生きる気力がなくなったのは、

言うまでもありません。

 

 

そして、この1週間が終わる頃に、

誰かが言っていた「相場に完璧はない」

この言葉を思い出したのです。

 

その瞬間にその言葉の意味をようやく理解できました。

 

 

「自分にできるだけのことをやりきったし無理なものは無理なんだ」

「始めから無理なものを求めていたから無理が生じてしまったんだ」

 

このように思いました。

 

 

「相場に完璧はない」

 

もうすでにこの言葉を聞いているのにも関わらず

私はその言葉に耳を傾けようとしなかったですし、

その言葉を理解しようともしなかったです。

 

 

正直自業自得でしかありませんし、

人間は失敗から学ぶと言うことを改めて感じさせられた瞬間でした。

 

 

そして、相場に完璧がないことを理解できた私は、

FXで勝つことに相場がわかる必要がないことを再認識しました。

 

 

しかし、全てを出しきってしまっていたのにも関わらず、

「FXをやめよう」とは思いませんでしたし、

1週間の休憩を取った私はもうリフレッシュできていたのです。

 

 

正直自分の立ち直りの速さには、

ビックリしましたし、驚きを隠せませんでした。

 

「こんな重要なことがわかったんだし今やめたらもったいない」

このように思えましたし、

やる気が無性にわいてきたのです。

 

私の中でモヤモヤしていたものが、

なくなりましたしスッキリしたのを覚えています。

 

 

そこからは、相場でわかる瞬間だけトレードすることを心掛けましたし、

そのことで資金をなくしてしまった私は、

デモトレードでトレードすることにしたのです。

 

 

正直言ってかなり遠回りしましたし、

かなりの時間を無駄にしたと感じています。

 

 

しかし、このことがなければ、

私は気づくことができませんでしたし、

結果としていい方向に進んだからいいものも

実際どうなるかわかりませんでした。

 

 

 

FXは、なかなかまわりの言葉を理解するのに時間がかかりますし、

なかなかまわりの言葉を理解できないものですし、

理解しようとしないものです。

 

ですから、このような経験をしているからこそ、

あなたには遠回りして欲しくはありませんし、

無駄な時間を過ごして欲しくはないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク