相場に確信と答えはないし持ってはいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相場と言うのは、

まるで生きもののようです。

 

その動向は、誰にもわかりませんし、

誰にもわかりえないのです。

 

しかし、初心者の方や勝てていない方は、

なぜかわかったような気でいます。

なぜか確信を持っているのです。

 

 

そして、その確信が命取りになってしまうのです。

 

そのような要因は、

やはり私たちが培ってきた、

学習方法にも関係しているのかもしれません。

 

私たちは、問題を解きその答えを求めてきました。

1+1の答えは「2」です。

 

このように教えられてきましたし、

実際に答えは「2」しかありえません。

 

しかし、相場の世界では、

1+1の答えが「2」のようで「2」ではないのです。

 

例えば、テクニカル指標の本や雑誌で、

このように説明してあります。

 

 ・MACDがゴールデンクロスしたら上がる

 ・MACDがデッドクロスしたら下がる

 

確率的には「絶対ではない」と言っているにもかかわらず、

多くの人が絶対ではないということを理解していないですし、

理解しようともしないです。

 

ですから、そのままの答えを相場に求めてしまいますし、

その答えが違うことを受け入れられないのです。

 

 

私たちは、教育の過程で問題には必ず”答え”が存在すると教えられてきました。

答えを求めることを求められてきました。

答えを当てることを目標に頑張ってきたのです。

 

ですから「相場に答えがある」と思うことは自然なことですし、

答えを求めることに、何の抵抗もありません。

 

「正しいことをしている」

「間違ったことをしていない」

このように思っても仕方がないのです。

 

 

しかし、このようなことがFXの世界、相場では全く通用しません。

 

このことを理解しない限り、

本質に気づくことはありません。

 

 

ですからみなさんも気づいてください。

相場に答えは存在しないのです。

 

答えがない以上相場に確信を求めてはいけませんし、

確信などありません。

 

 

おそらく多くの人がこのことを理解できないかもしれません。

例え今理解できなかったとしても、

いずれ理解できるときがきます。

理解しなければいけないときがきます。

 

そのときに、この私の言葉の意味を理解していただければ構いません。

「そういえばあの人がそんなこと言っていたな」

このようにみなさんに思っていただけるだけで私は満足ですし、

本当の答えがわかっていただけるきっかけになれれば私は満足です。

 

それしか、私にはできることがありませんし、

伝えることしかできません。

理解していただくことは、

あなた自身の問題なのです。

 

もしも私の言葉がみなさんに、理解していただけるときがきたのならば、

あなたは1ランク上に上がっているでしょう。

 

 

ですが、人間はなかなかまわりの言葉を理解しようとはしない生きものです。

どうしても自分が正しいと思ってしまうのです。

 

私も例外ではありません。

私も駆け出しの頃、散々言われ続けてきたことを無視し続けました。

実際自分で経験しない限り気づくことはありませんでした。

わかろうともしなかったですし、信じてもいませんでした。

 

しかし、自分で失敗して初めてその言葉の意味を理解できましたし、

「なんで素直にアドバイスを聞かなかったのかと」後悔しました。

 

しかし、後悔と同時に本当の答えがわかりました。

 ・相場に絶対はないということ

 ・相場に確信を抱いてはいけないこと

 

この答えが本当に理解できただけで、

不思議と希望がわいてきました。

 

 

ですからみなさんにも私がこのように感じたことを、

感じていただければ光栄です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク