損切りの額を小さくするには

FXで損切りすることは、

とても重要な事です。

 

なかなか損切りできないのが、

FXの最初の壁なのかもしれません。

 

 

ですがいずれその壁を超えるときがきます。

 

そのときまでつらいかもしれませんが、

頑張ってください。

自分に負けないでください。

 

そして、見事その壁を超えることができ、

損切りができるようになった方の中で、

このような悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

 

「損切りはできるようになったが、損失を抑えられない」

 

つまり損切りの額が大きくなってしまう、

または、損失を最小限にできない。

 

 

意外とこの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

 

過去その悩みを抱えていた方の意見を聞いてみたいと思います。

 

 

 

わたしですw

 

 

私もこのことについては、悩みました。

 

当時の私は、エントリーする際に損切りするポイントを決めてトレードしていましたが、

損切りの幅に明確なルールがありませんでした。

 

・ロングならばスイングの最安値で損切り

 ・ショートならばスイング最高値で損切り

 

このような単純なルールでしたが、

スイングによっては、損切りする幅が変わるのも当然でした。

 

 ・スイングが大きければ、損切りする幅も大きくなる

 ・スイングが小さければ、損切りする幅も小さくなる

 

このような状態で損切りしていました。

 

 

しかし、安定させた収支を出していくためには、

「損切りの幅を毎回平均的にトレードする」

このようにしなければいけないと思いました。

 

しかし、スイングの幅で損切りが決まってしまうので、

自分にはどうすることもできないのかと悩んでいました。

 

 

今思うと考えすぎていました。

答えはもう出ていたのにもかかわらず、

気づいていませんでしたし、

気づこうともしませんでした。

 

 

結局答えは、

「損失が小さいときにだけトレードすればいいだけの話し」

だったのです。

 

正直私は、このことに気づいて、

心の中がすっきりしましたし、

悩んでいたのが、ウソのようでした。

 

 

損失が小さいときにだけトレードすれば、いいのです。

そして、トレードしていれば、

そのポイントがわかってきます。

 

「習うより慣れろ」

 

まさしくこの言葉の通りなのです。

 

 

そして本当にこの、

「損失が小さいときにだけトレードする」

このことが理解できているのならば、

そのときだけトレードできます。

 

損失が大きいときは、トレードしなくなります。

しようとも思わなくなるのです。

 

ですからみなさんもこの、

「損失が小さいときにだけトレードする」

この意味を今一度よく考えてトレードしていただきたいです。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

勇気をもって逃げること(損切り)の大切さ

損切りするポイントを事前に決めることによって損切りの精度が上がる

意味のある損切り

損切りなんて難しい話しではない

納得のいく損切りをすることでトータルで勝てるようになる

自分の損切りレベルを知ることで損切りが上達する