損切りは間違えでもミスでもない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初心者の方や勝てていない方が、

損切りができない方が非常に多いです。

 

 ・損切りが間違え

 ・損切りは自分のミス

 ・損切りは負ける手法が悪い

 

このように勘違いしている方が多いですし、

間違った認識をしてしまっているのです。

 

 

確かに損切りは、

マイナスの収支になりますし、

負けトレードになります。

 

しかし、そのことが間違え、

自分自身のミスと言うわけではないのです。

 

 

このように根本的な部分で勘違いしている、

間違った認識をしていることが原因で、

損切りができない、損切りをしない、

このような悪循環になってしまっているのです。

 

この根本的な部分が間違えているのならば、

損切りをしようとも思いませんし、

損切りが間違えだと認識してもおかしくはありませんし、

自然な考え方になります。

 

 

このことは非常にもったいないですし、

恐ろしく感じます。

 

この勘違いによって、

自らの成長を止めてしまいますし、

自らの夢や目標をかなえる確率を下げてしまっているのです。

 

 

 

そこの部分の勘違いがなければ、

損切りができてしまうのですから・・・・・・

 

 

その勘違いによって、

 ・負けないトレードを探す(聖杯探し)

 ・負けトレードを認めたくない(塩漬け)

 

このような間違った発想になってしまい、

損切りができなくなり、

大きな損失を出してしまいますし、

最悪の場合は、ロスカットなどになってしまうのです。

 

 

ロスカットになってしまったのならば、

資産を大きく減らしてしまいますし、

FXをまた始められなくなるかもしれません。

 

ですから、そうならないように、

「負けるトレードを最小限にしよう」と言うのが、

”損切り”と言うことです。

 

 

 

FXにおいて損切りはとても重要なことですし、

トータルで勝つためには、必須になります。

 

確かに「勝つために負ける」

この言葉は普通の方からしたら、

矛盾して聞こえるかもしれません。

 

 

みなさんは、お金を増やすためにFXを行っているのにもかかわらず、

そのお金を減らすことが重要だと言っているのですから、

実際おかしな考え方かもしれません。

 

 

ですがFXでは、

この考え方が正しいのです。

 

 

「勝つために負ける」と言っても、

正確にはトータルで勝つために、

負けるのです。

 

トータルで勝つためには、

負けトレードは避けられませんし、

この負けトレードをいかにコントロールするかによって、

トータルで勝つことができるのか、

トータルで利益を出すことができるのかにつながります。

 

 

「損切りは正しい」

この言葉をみなさんも耳にしていると思います。

 

気にしていなかっただけで、

この言葉は、どこかで聞いているのではないのでしょうか?

 

実際に意味が分からなければ、

このように正しいことを認識しているのにもかかわらず、

理解できないですし、

頭に入ってこないのです。

 

無意識のうちに反応しないのです。

 

 

このことは仕方がありません。

私たちが生きてきた環境ではこの言葉を、

自然に「悪いこと」のように認識してしまっていますので、

反応しなくても当たり前のことですし、

最悪の場合は、逆にこの言葉を遠ざけてしまうかもしれません。

 

 

このように私たちの育ってきた環境では、

正しいことがFXでは正しくありませんし、

FXでは間違えていることが、

私たちの常識では正しいのです。

 

このことは勉強して、

真実を知らない限り、

たどり着くことが難しいですし、

FXの”怖さ”でもあるのかもしれません。

 

 

私もこの”真実”に気づけたからよかったですが、

知らないままFXをしていてロスカットになり、

FXから去る可能性も十分にありました。

 

このことを想像するだけで、

鳥肌が立ってしてしまいますし、

このことを私に教えてくれた人に感謝しなければなりません。

 

 

ですからみなさんにも、

この”真実”が伝えられたのならば、

昔の私を救ってくれた人のように自分もなれたではないのかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク