政策金利(米FOMC)とは

みなさんは「政策金利」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

FXをしている人なら聞いたことがあるのではないかと思われます。

 

初めて聞いたという方やあまり詳しく知らないという方は、

ぜひどのようなものかざっくりでいいので勉強しましょう。

 

 

では政策金利について説明していきます。

経済指標はFXをやるうえで避けては通れません。

どのようなことかをざっくりでいいので覚えていきましょう。

 

 

政策金利とは、世界各国の中央銀行が各金融機関に

融資するときに適用される金利のことです。

 

日本の中央銀行は、日本銀行になります。

またはよく呼ばれる名前は「日銀」です。

「日銀」という言葉は多くの人が聞かれたことがあるかと思われます。

 

 

FXで政策金利の指標発表とても重要なものになります。

 

政策金利はその国の経済状況などで決められるのですが、

ある国の金利が上がれば当然金利が付く国にお金を預けようとする人が増えます。

その結果通貨が上がりやすくなったりするのです。

 

 

私たちの日本の金利はとても安いのはみなさんもご存じかと思います。

ですが、金利の高い国にお金を預けているほうが、

金利が付きますし、

外貨預金などで資産運用する人もいらっしゃるのです。

 

日本のお金について詳しくはこちら

 

政策金利は、物価の安定や経済状況の安定などの目的から定期的に変更されます。

 

景気が良くなればインフレを防ぐために金利は高くなりますし、

景気が悪くなればデフレを防ぐために金利は安くなります。

 

そして、スワップ金利をねらってトレードをしている方にとっては、

この政策金利の発表はとても重要なものになります。

 

 

また政策金利の発表と同時に気にしなければならないのが、

各国の中央銀行の総裁(そうさい)の発言になります。

 

この総裁の発言によってもレートが動くことがありますので、

何か発言があるときはトレードを控えるようにしましょう。

 

 

そして政策金利を発表日は、通貨や国ごと違いますので、

注意してください。

「忘れていた」というようなことがないようにしましょう。

 

 

 

そして、政策金利の発表で注目されるのが、

アメリカになります。

 

アメリカの政策金利の発表は特に注意しなければなりません。

そしてアメリカの中央銀行の名前が、

”FOMC”となっています。

 

FX業者などで経済指標発表は見られますので、

FOMCという文字を気にしてみてください。

 

 

そして次に注目してほしいのがユーロになります。

そしてユーロの中央銀行の名前はECBといいます。

こちらも注目しましょう。

 

そして、クロス円を取引するならば、

もちろん日本の日銀にも注目しましょう。

 

 

あとの国は自分がトレードしていなければ特に気にしなくても、

問題はないです。

アメリカとユーロと日本をチェックしながらトレードする通貨の政策金利を、

チェックするようにしましょう。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

非農業部門雇用者数(雇用統計)

要人発言とは

ISM製造業景況指数とは

失業率(雇用統計)とは

貿易収支とは

IFO景況感指数とは