政策金利(米FOMC)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは「政策金利」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

FXをしている人なら聞いたことがあるのではないかと思われます。

 

初めて聞いたという方やあまり詳しく知らないという方は、

ぜひどのようなものかざっくりでいいので勉強しましょう。

 

 

では政策金利について説明していきます。

経済指標はFXをやるうえで避けては通れません。

どのようなことかをざっくりでいいので覚えていきましょう。

 

 

政策金利とは、世界各国の中央銀行が各金融機関に

融資するときに適用される金利のことです。

 

日本の中央銀行は、日本銀行になります。

またはよく呼ばれる名前は「日銀」です。

「日銀」という言葉は多くの人が聞かれたことがあるかと思われます。

 

 

FXで政策金利の指標発表とても重要なものになります。

 

政策金利はその国の経済状況などで決められるのですが、

ある国の金利が上がれば当然金利が付く国にお金を預けようとする人が増えます。

その結果通貨が上がりやすくなったりするのです。

 

 

私たちの日本の金利はとても安いのはみなさんもご存じかと思います。

ですが、金利の高い国にお金を預けているほうが、

金利が付きますし、

外貨預金などで資産運用する人もいらっしゃるのです。

 

日本のお金について詳しくはこちら

 

政策金利は、物価の安定や経済状況の安定などの目的から定期的に変更されます。

 

景気が良くなればインフレを防ぐために金利は高くなりますし、

景気が悪くなればデフレを防ぐために金利は安くなります。

 

そして、スワップ金利をねらってトレードをしている方にとっては、

この政策金利の発表はとても重要なものになります。

 

 

また政策金利の発表と同時に気にしなければならないのが、

各国の中央銀行の総裁(そうさい)の発言になります。

 

この総裁の発言によってもレートが動くことがありますので、

何か発言があるときはトレードを控えるようにしましょう。

 

 

そして政策金利を発表日は、通貨や国ごと違いますので、

注意してください。

「忘れていた」というようなことがないようにしましょう。

 

 

 

そして、政策金利の発表で注目されるのが、

アメリカになります。

 

アメリカの政策金利の発表は特に注意しなければなりません。

そしてアメリカの中央銀行の名前が、

”FOMC”となっています。

 

FX業者などで経済指標発表は見られますので、

FOMCという文字を気にしてみてください。

 

 

そして次に注目してほしいのがユーロになります。

そしてユーロの中央銀行の名前はECBといいます。

こちらも注目しましょう。

 

そして、クロス円を取引するならば、

もちろん日本の日銀にも注目しましょう。

 

 

あとの国は自分がトレードしていなければ特に気にしなくても、

問題はないです。

アメリカとユーロと日本をチェックしながらトレードする通貨の政策金利を、

チェックするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク