支持線(サポートライン)と抵抗線(レジスタンスライン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXでトレードする上でこの支持線(サポートライン)抵抗線(レジスタンスライン)は、

ものすごく重要な考え方となります。

 

このサポートラインとレジスタンスラインをもとに、

利益確定つまりリミットや損切りのポイントを決めますのでものすごく重要です。

 

 

ですが、いきなり「サポートとレジスタンス」このように言われてもよくわかりません。

 

 

日本語で支持線、抵抗線・・・・・・

 

 

簡単に説明してしまえば言葉通りの意味なのですけれど・・・・・・

 

ですが、それではわからないと思いますので詳しく説明していきます。

 

 

簡単に説明してしまえば、

トレンドラインを水平に引いたようなものになります。

 

多くのトレーダーが意識しているポイントになるために、

そのレートでローソク足が反発されたり支持されたりします。

 

その意識しているトレーダーが多ければ多いほど、

よく反発されたり支持されたりするのです。

 

意識されているポイントで何度もレートが反発されたり、支持されたりしますので、

そのレートで水平線を引くことができます。

 

この水平線がレジスタンスラインであり、サポートラインになります。

 

そして、同じ水平線ですがレートの位置により

呼び名がレジスタンスラインやサポートラインと呼ばれます。

レートの下に水平線がある場合は、サポートライン、

レートの上に水平線がある場合はレジスタンスラインになります。

 

 

サポートラインとレジスタンスラインは、トレンドライン同様に自分で引かなければなりません。

そしてトレンドラインもまたサポートラインとレジスタンスラインです。

トレンドラインは、水平に引くことはありませんが、

サポートラインとレジスタンスラインは水平に引きます。

 

 

トレンドラインがわからない方はこちら

 

 

意味は同じなのですが、

引き方によって呼び方が変わりますので、注意してください。

 

 

 

最初はどこに引いたらいいのかわからないかもしれません。

まず短い時間足よりも大きな時間足のほうが確率は高いです。

確率が高いというのは、

そのレジスタンスとサポートラインが機能する確率になります。

 

機能するというのは、反発されたり支持されたりすると言うことになります。

 

ですからあまり小さい足ではなく大きな足から線を引くようにしましょう。

 

チャートによっては大きな足で線を引けばその線が短い足で反映されていると思いますので、

主にトレードする足が短い足でも意識しやすいですし、

視覚的にも見やすいです。

 

 

 

そしてレジスタンスラインとサポートラインを引く際のポイントとしては、

前回の高値や安値が意識されやすいです。

もう過去にレジスタンスラインとして意識されていてなおかつその線が、

サポートラインとしても意識されている線があったのならば次も支持または抵抗される確率は高いです。

 

あとは意識されているようなポイントです。

これは、経験を積めばわかるようになるのですが、

例えば、ドル円が100円とかのポイントは意識されるトレーダーが多いと推測されます。

 

やはり相場に人間が参加している以上、

以下のような00(ダブルゼロまたはダブルオー)000(トリプルゼロ)のポイントは意識されやすいです。

 ・95.00円

 ・93.00円

上記のようなレートを「ダブルゼロ」と言うのですが、

このようなポイントは意識されやすいです。

 

そして、以下がトリプルゼロになります。

 ・90.00

 ・80.00 

 

このようなポイントをチャートで意識してみてください。

 

 

そしてトレンドを形成中のときもその抵抗線、支持線は意識されますので説明をします。

 

 

 

こちらの図をご覧ください。

rejisutannsu

まず抵抗線と支持線は市場参加者が意識している人が多ければ多いほど意識されて、

その効果を発揮します。

しかし実際は、「ここが抵抗線、ここが支持線」このように教えてはくれません。

 

自分自身で見つけ出して引かなければいけませんし、

どこで抵抗線になるか支持線になるかは、実際そのときになってみないと結果はわかりませんので、

簡単に言ってしまえば”目には見えない壁”になります。

 

 

 

自分で市場参加者が「意識しているだろう」というポイントを見つけなければいけません。

過去に2回続けて跳ね返されたら支持線または抵抗線と考えていいのですが、

その次の3回目のトライも跳ね返されるという保証はありません。

 

支持線や抵抗線は「前回抵抗線だったところが支持線になる」または、

「前回支持線だったところが抵抗線になる」

 

このような場合が多いので「抵抗線だった」「支持線だった」

このようなポイントを注意してくれいただければ、

支持線や抵抗戦になるポイントがわかりやすいです。

 

 

昨日の敵は今日の友みたいな感じです。

 

 

ですが、これも支持線になってレートがサポートされるという保証はありません。

 

”あくまでも跳ね返されるであろう”

予測に過ぎないのです。

 

 

ですがその跳ね返される確率つまり市場参加者が多く意識しているポイントは、

跳ね返される確率も高いです。

ですから、どれだけ正確に多くの人が意識しているポイントに引けるかが重要になります。

 

ですから相場を見て経験値を積まなければなりません。

最初はわからないかもしれませんがだんだん感覚をつかめると思います。

 

 

ただ単にチャートを見ているのではなく、

このようなことを考えてチャートを見ていただければ、

成長スピードも早いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク