裁量トレードをしなければならない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXで継続的に利益を出していくには、

裁量トレードと呼ばれるトレード方法を行わなければいけません。

 

ただし、ルールを守れていることが前提になります。

 

 

ルールを守れていない方は、まずはこちらの記事からご覧になってください。

 

裁量トレードについて

 

初心者の方などで、ルールが守れていない方は”無裁量トレード”から始めてください。

トレードをしていくうえで自分のルールを守ることが絶対条件になります。

 

 

最初は何よりもルールを守ることがとても重要になるのです。

 

初心者の方や勝てていない方が裁量トレードをするには、

余計な感情が入ってしまうため、

自分のルールに沿ったトレードができない方が多いです。

 

 

例えば、自分のルール通りならば損切りしなければならないポイントで、

何の根拠もない裁量トレードによって損切りの逆指値注文を、

消してしまったりしてその結果ロスカットになってしまう可能性もあります。

 

特に初心者の方や勝てていない方には、ありがちな間違いとしてあげられます。

 

 

ですから、ルールを守ることだけに観点を置くのならば、

無裁量トレードを行っていきルールを守っていくことが、

初心者の方または勝てていない方には、絶対条件になります。

 

 

無裁量トレードは、とてもシンプルですし、

感情を入れずにルール通りにトレードをすることが、

裁量トレードに比べれば非常に簡単になのです。

 

 

 

 

しかし、ルールを守れているのならば、

トレードの無駄をなくすために、

裁量トレードをしなければなりません。

 

 

 

無裁量トレードは、機械的トレードすることによって、

シンプルなトレードが行えますが、

やはりトレードに無駄が生じてしまいます。

 

 

その無駄をなくすためには、

経験と知識を兼ね備えてなおかつルールを守ることができた、

私たちの”感”がとても重要になってきます。

 

 

 

相場は生き物です。

とても人間が、コントロールできるような生き物ではありません。

 

裁量トレードでは、

相場の些細な違和感、些細な変化を感じ取り、

無駄なあるいは危険なトレードを回避できます。

 

 

無駄なトレードを回避することによって

トレードの無駄をなくし、

その結果、トータルの利益率を上げれるのです。

 

 

 

利益率を上げれるのならば、

トータルでの利益も増えるということにもなります。

 

 

 

例えば、ボラリティが高いときは、

トレードをするのを回避するべきですし、

トレンドが発生していないレンジ相場ならば、

トレードをするのを回避できます。

 

また経済指標の結果によってはトレードを、

回避することもできます。

 

 

このように自らの経験や知識によって、

相場を判断しトレードできるのが、

裁量トレードの魅力になります。

 

 

このトレードを回避すると言うことは、

リスクを減らすことにもつながりますし、

トレードの成果につながるのです。

 

 

ですが、このように裁量トレードを、

しなければならないとと同時に、

ルールを守らなければいけませんので、

まずは、ルールを守ることを前提に考えていただきたいです。

 

 

あなたの夢を実現させるために、

ルールを守れていない方は、”無裁量トレード”を行っていただきたいですし、

そしてルールを守れている方は、裁量トレードを行っていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク