ルールは守らなくては作った意味がない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXで勝てていない方の特徴として、

トレードルールを作ってみたのはいいけれど、

多くの人が守れていないですし、

守ろうとしていないです。

 

 

みなさんは、なぜルールを作ったのですか?

もう1度その理由を考えてみてください。

 

FXで勝って夢や目標をかなえたいために、

ルールを作ったのではないですか?

 

そして、そのルールは守らなければ、

作っていないことと一緒ですし、

ルールが最初からないも同然です。

 

ルールは守るために作ったのではないのですか?

 

作っただけで満足していてはいけませんし、

作ることに意味があるのではなく”守ることに意味”があるのです。

 

しかし、ルールを作らないよりは、

ルールを作ることはすばらしいです。

 

 

そして、ものすごく考えられたルールを守らないことよりも、

損切りしかないルールを守ることのほうが、

意味がありますし重要です。

 

 

確かにルールは、なかなか守れません。

その気持ちは痛いほどわかります。

 

私もルール破りの常習犯でした。

もしこれが交通ルールでしたら、免許はもう2度と取ることができないでしょうw

 

 

私はとりあえず損切りだけは、

何が何でも守ることから始めました。

 

エントリーを待てずに適当なポイントでエントリーしましたし、

利益も伸ばすことができず利小ばかり繰り返していましたし、

ナンピンもたくさんしましたw

 

 

けれど損切りだけは、

「絶対」に守りました。

 

とにかくつらかったです。

当然損切りだけでは勝つことはできませんので、

何連敗したかわからないくらい負けました。

 

 

ですが、損切りだけはすべてのトレードでできたのです。

 

気が付くと次のトレードからは、損切りが当たり前になっていたのです。

抵抗がなく損切りができていました。

 

確かに損切りになることは、

つらかったですし、つらいことには変わりはありませんでした。

 

しかし損切りは、当たり前に行動できるようになっていましたし、

トレード中に損切り注文を変えることがなくなりました。

 

 

「損切りができるようになる」と言うことは、

1回のトレードで大損しないようになったことになります。

 

損切りが当たり前に実行できるようになったのならば、次の課題、

そしてまたそれが、当たり前に実行できるようになったのならば、

また次の課題・・・・・・

 

このように1歩ずつ確実に、

今までできなかったことが当たり前に行動できるように、

なっていったのです。

 

 

そして、その1歩1歩が確実に自信になってきました。

 

今を頑張れると未来の自分に期待ができるようになります。

 

「この努力を続けていけば、未来の自分は成長しているはずだと」

 

このように考えれば、

努力が不思議とできるようになりますし、

「努力したい」と思えるようになります。

 

 

人間いきなり「全部やれ」と言われても無理です。

 

まずは、あなたにできることを一歩ずつ確実に、

行ってください。

 

そうすれば、

人間自信が確実にわいてきます。

成長が目に見えます。

必ずルールを守れるようになります。

ルールの守り方が少しずつわかってきます。

 

あせらず1歩1歩歩んでいきましょう。

その1歩1歩を積み重ねれば、

時期にあなたの望む未来の道が見えてきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク