利小損大がいけない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXではトレードする際に、

「損小利大にしろ」とよく言われていますが、

私自身この考え方には賛成です。

 

 

ですが「どうしても利小損大になってしまう」

このような悩みに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

 

 

私自身”利小損大”になってしまって、

悩んでいた時期もありました。

 

「どうしてこのように損失が大きくなってしまうのだろう」

 

このように悩んでいましたし、

典型的なコツコツドカンで損失を出してしまっていました。

 

 

今の私から過去の私に一言だけアドバイスをするのならば、

「おまえ、ちゃんと損切りできてなかったじゃん」

このように言いたいですw

 

確かにスキャルピングなどで、

少ない利益を高勝率で積み重ねていくトレード方法もあります。

 

別に利小が悪いわけではありません。

 

しかし、スキャルピングでトレードするにしても、

損大にしていては勝てませんし、

勝てるようになりません。

 

 

当時の私は、利益が少しでも出るとビビッてしまい、

指値注文を待たずに利小で利食いをしていました。

 

むしろ、指値注文で想定したポイントまたはリミットで利食いした記憶が、

その当時の記憶から思い出せませんw

そのくらいひどい状態でしたw

 

 

利食いはものすごくビビりだった私ですが、

どこからかわいてきたのか知りませんが、

自信に満ちあふれるときがありました。

 

 

それは・・・・・・

損切りになりそうなときですw

 

 

損切りにレートが近づくと、

勇気100倍になり、

「このトレードは、これから利益がでるのに今損切りしたらもったいない」

 

このようにわけのわからない発想をしていましたw

 

そして、損切りが遅れてしまい、

「余計に損失が出る」負の連鎖におちいっていました。

 

 

しかもそのことに対してなんの危機感も持っていなかったのが、

今思うとぞっとします。

 

 

 

結局「FXをやる思考」に達していなかったのだと思います。

 

人間は心理的に、

利益をすぐに確定して安心したいと思いますし、

損失をどうしても受け入れられないものです。

 

「安心をすぐに手に入れたいけれど嫌なことは受け入れない」

 

これでは、子供みたいですよねw

 

 

FXは、そんな甘いことは言ってられません。

どれだけ”本気”になって勝ちたいと思うかが、

このような間違った思考を正しい思考に、

導いてくれます。

 

 

FXのときだけは「自分にこれ以上厳しくできない」

このように思うくらいに厳しくならなくてはいけません。

 

 

そして、利益を伸ばす努力をしてください。

ポジションが、気になって仕方がないかもしれませんし、

損切りがつらいかもしれません。

 

しかし、このことよりも現状、

目標や夢をかなえられないほうがつらくないですか?

 

変わりたいのならば、

我慢するしかないのです。

 

 

私は、このことのほうがつらかったですし、

どうしても変わりたかったです。

その気持ちが、勝ったからこそ、

この”利小損大”を克服できたのではないかと思います。

 

 

どうしても利益を伸ばせないと言うのならば、

利益を分割して決済する方法もあります。

 

この方法ならば、利益の出ているポジションを保有するストレスが、

少しは、軽減されるのではないでしょうか?

 

 

ぜひあなたも普段のときは、

自分に甘くてもいいかもしれませんが、

FXのときだけは、

自分に厳しくしましょう。

 

 

 

厳しくすればするほど、

そのリターンも大きいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク