利食いがどうしても伸ばせないことをプロスペクト理論から考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXにおいて利食いは永遠の課題かもしれません。

 

そして、利食いが伸ばせないことは、

トレーダーにとってとても致命的です。

 

勝つはずのトレードで利益を伸ばせなければ、

トータルで勝てるものも勝てないのです。

 

 

そして多くの方が、

利食いを伸ばせず苦労しているのかもしれません。

 

 

しかしそのことは、

当たり前ですし”理由”があるのです。

 

 

ではその理由について説明します。

 

みなさんは”プロスペクト理論”この言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

 

プロスペクト理論は、

同じ条件を提示されても人間が状況によっては答えが異なることを表しています。

 

簡単に説明すると、

・利益を目の前にすればその利益を失うことを恐れ、確実に利益を取るように考える

 ・損失を目の前にすれば例え確実に損失を半分にできるとしてもそのすべてを回避しようと考える

 

プロスペクト理論について詳しくはこちら

 

 

あなたは利益がでるとすぐに利食いしてしまい、

利食いが伸ばせないこのような悩みを抱えていませんか?

 

 

利食いが出ているとその利益を早く決済がしたくてしたくて仕方がないのです。

 

FXは損切り以上に利益を伸ばすことが、

”損小利大”になり、

トータルで利益を出すために必要になります。

 

 

しかし、多くの人が利益を伸ばすことができませんし、

単純に”待てない”のです。

 

 

みなさんも以下のようなことがありますでしょうか?

・もう少し利益を伸ばさなければならないが安心を手に入れるために決済してしまう

 ・利食いがなかなか伸びないので”うずうず”してしまう

 ・利食いが出るとすぐに決済してしまう

 

 

このことは当たり前なのです。

 

私たちの本能や心理がそうさせるのです。

このことにプロスペクト理論が当てはまるのです。

 

「利益が出るとその利益を失いたくない」

このようにごく自然に思ってしまいますし、

あなたが思わなくてもそのように感じてしまうのです。

 

 

しかし、そこで利食いをしてしまえば、

利小になってしまいますし、

利食いを伸ばせないのです。

 

 

利益が出るはずのトレードで、

利益が望めなければ勝てるトレードも勝てませんし、

頑張って損切りをして、損失を最小限にしている意味までもなくなってしまうのです。

 

このことは、損切りできないのと同じくらい

トレーダーとしてはやってはいけませんし、

多くの方がトータルで利益を出せない原因になっています。

 

 

 

確かに、目の前の利益を誰も失いたくはありませんし、

いち早く利食いして安心を手に入れたいです。

 

勝ちトレードが負けトレードになることなど、

あってはいけません。

 

・どんなにつらくても

 ・どんなに安心できなくても

 ・どんなに待てなくても

 

私たちは、自分の欲望のままに

トレードしてはいけませんし、

”我慢”しなければならないのです。

 

 

ではなぜ我慢しなければならないのか?

 

 

それは勝つためです。

私たちは、目の前の安心を手に入れるためにトレードしているわけではありませんし、

目の前の小銭を手に入れるためにトレードしているわけでもありません。

 

トレードで継続的に勝って、

あなたの夢や目標をかなえるためではありませんか?

 

 

そのためには苦痛を味わうかもしれません。

とてもつらいかもしれません。

 

しかし、その苦労を乗り越えてこそ

あなたの望むものがありますし、

手に入れたいものがあるのではないでしょうか?

 

 

”プロスペクト理論”このことは、

私たちトレーダーにとっては、

とてもやってはいけないことなのです。

 

プロスペクト理論は、

いわば「トレーダーの禁忌」なのです。

 

 

ですから、プロスペクト理論がやってはいけないことだとわかったのならば、

もうあなたがやらなければいけないことは

あなた自信がよくわかっていると思いますし、

その答えをどのようにすればいいのかもわかっているはずです。

 

 

しかし、わからない方のために言いますが、

プロスペクト理論の反対のことをやっていただきたいです。

 

 

そうすることができるのならば、

利食いを伸ばすことができますし、

損小利大にもなりますよ。

 

 

あなたならきっとできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク