利益よりも損失が大きくなってしまう人へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

よくFXで勝てていない方や初心者の方が、

他人にばかり答えを求め、自分では何も考えず、

何も行動しない人が多いと感じます。

 

 ・損切りができない

 ・損切りが遅れる

 ・損大利小

 ・損切りが多すぎる

 

例えをだしたらキリがなくなってしまうほどです。

 

正直この打開策や答えなどは、

もうすでに知っていると思うのです。

 

 

 ・できないからやらない

 ・わからないからできない

 ・自分には無理だと思っている

 ・できないから他人を頼る

 

このようなことに対して私は、

正直「は?」って思ってしまうのです。

 

確かに少し厳しいかもしれません、

しかし、私が厳しいのではなく、

FXと言うのはそういう世界なのです。

 

 

自分自身ですべてをやらなければいけませんし、

自分自身ですべてを考えなければいけないのです。

 

 

正直言って取り組む姿勢や志に問題があるのです。

 

 

「損失がコントロールできない」

 

このようなことを思っている人は、

よく考えてみてください。

 

私たちトレーダーに唯一できることってなんだと思いますか?

 

 

「損失」です。

 

 

私たちには、損失しかコントロールできないのです。

 

よくFXは「損小利大」と言われていますが、

この意味は、損失を最小限にコントロールしているからこそ、

数少ない勝ちトレードで勝つことができますし、

なおかつその勝ちトレードの利益が損失を上回るから勝てるのです。

 

毎回大勝できて損切りもしなくていいのならば、

誰もこんなことしません。

 

それができないからこうして、

トータルで勝つために、地道にトレードしているのです。

 

誰も勝つタイミングなんてわかりません。

常に損失をコントロールしているからこそ、

たまに大勝できるのです。

 

そして、その大勝ちを無駄にしていないだけなのです。

 

もちろん損失を最小限にコントロールするといっても、

ただ単に損切りするPips数を小さくすればいいと言うものでもありません。

 

なるべく最小限です。

 

このなるべく最小限と言うのは、

「トレードの期待値を極限まで高めた損切り」と言うことです。

 

勝ちトレードの可能性をぎりぎりまで、

残しつつ損失を最小限にするのです。

 

 

損大になっているのならば、

その原因はあなたにあるのです。

あなたにしかないのです。

 

損小利大にしている人は、

損小利大にしているから、そうなっているのです。

 

必然なのです。

 

勝手に損小利大になったら誰も苦労しないですよ。

 

損小利大にするべくしているのです。

 

 

そして、そのトレードはあなたがしていると言うことを忘れないでください。

 

 

あなたが本気になり損小利大にしたいと思い、

そして、本気になって努力すれば、

損小利大になります。

 

あなたが努力しなければ損小利大にはならないのです。

 

 

損失は、努力すればコントロールできます。

 

なぜならあなたの逆指値の注文次第ですよね?

 

あなたが損大にしているから損大になっているだけの話しです。

損小にしたいと思うならば、すればいいのです。

 

 

でも、だって、私には、

 

もうこんな言葉聞き飽きましたし、

もういい加減弱音を言うのはやめましょう。

 

まずは「損小にする」「損失をコントロールする」

これだけいいのです。

 

 

ほかに言葉はいりません。

 

 

あなたが損失をコントロールしたければ、

すればいいだけの話しなのです。

 

そして、歯を食いしばってその努力をしてください。

頑張ってください。

自分に負けないでください。

 

 

まずは、ネガティブな言葉を発言することからやめましょう。

 

とても簡単なことですよね?

 

 

そうした気持ちや姿勢が、

あなたを損失のコントロールできるトレーダーにしてくれるのです。

 

 

少し厳しいことを発言してしまいましたが、

すべてはみなさんのためだと言うことを理解してください。

 

 

もはやこれは私の「愛」ですw

 

 

どうでもよかったらこんなことは言いません。

ご了承願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク