レンジのブレイクでもトレンドフォローをしなければいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、FXでトレードする際に、

さまざまなトレード手法でトレードしているかと思います。

 

 

その中にレンジのブレイクを狙ったトレード方法で、

トレードしている方もいるのではないでしょうか?

 

 

レンジのブレイクアウトを狙ったトレード方法は、

初心者の方や勝てていない方にとっては、

ものすごくシンプルで、トレードしやすいトレード手法になっています。

 

 

まだレンジのブレイクアウトでトレードしたことがないと言う方には、

お勧めのトレード方法です。

 

レンジのブレイクアウトを知らないと言う方、

また、知っているけれどよく理解していない方は、

こちらの記事を読んでいただければ、どのようなものかわかります。

 

レンジのブレイクアウトについてはこちら

 

 

では「レンジのブレイクアウト」は、

上下にあるレジスタンスラインとサポートラインを、

突破することによって、

蓄積されたエネルギーが一気に解放します。

 

 

その一気にレートが動くところを逆指値注文で、

エントリーするのが、一般的なトレード方法です。

 

 

ですが、上と下にこちらの図のように逆指値で注文を出しておけば、

「どちらにレートが動いても利益が出る」というトレード方法が、あります。

レンジブレイク逆指値

このように赤○の部分でエントリーすることによって、

トレードします。

 

ですが、一見簡単そうに見えるレンジのブレイクアウトなのですが、

もちろんダマシがあります。

 

FXではダマシがあることは、受け入れなければいけません。

 

 

ですが、ただ単にダマシにあっているのではなく、

「そのダマシをいかに回避できないか?」

 

このように考えることもトレーダーとしては、

とても重要な思考になります。

 

 

 

ダウ理論には、

 ・トレンドの方向にトレードすることが大衆で

 ・トレンドの逆方向にトレードすることが少数派 

このような法則があります。

 

 

FXでは、トレンド方向にトレードするのが、

順張りと呼ばれリスクが少ないトレード方法となっています。

 

 

レンジのブレイクアウトの一般的なトレード方法では、

トレンドとは逆方向に、

エントリーしてしまう可能性があります。

 

 

ですから、リスクを下げるためにも、

大衆と同じ方向にトレードする必要があります。

 

レンジのブレイクでトレードする際にも、

大きな時間足でトレンドを確認し、

そのトレンド方向のみにトレードすることが、安全なトレードになります。

 

 

みなさんもレンジのブレイクばかりに気を取られてばかりいてはいけません。

 

必ず大きな時間足でトレンドを確認しその方向にエントリーするようにしてください。

そして、大きな時間足を確認する癖をつけていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク