レンジのブレイクアウト後の押し目でエントリーする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXで、レンジのブレイクアウトと言うトレード方法は、

比較的簡単でありシンプルなトレード方法になります。

 

私は、初心者の方や勝てていない方の中で、

まだ自分なりのトレード方法が、決まっていないと言う方は、

このレンジのブレイクアウトのトレード方法を勧めます。

 

 

シンプルなほうが、使いやすいですし、

なおかつトレードの方法も簡単です。

 

このトレードだけを極めているプロのトレーダーの方もいます。

ですから、とても魅力的なトレード方法に違いありません。

ぜひ使っていただきたいです。

 

 

では、レンジのブレイクアウト後に押し目を形成したときに、

トレンドフォローでエントリーする方法を説明します。

 

まずは、ロングのトレードから説明します。

こちらの図をご覧ください。

レンジレジスタンスエントリー

通常のレンジのブレイクのエントリーでは、

レジスタンスラインを突破した部分の青○でエントリーするのですが、

あえて青○でエントリーするのは、見送ります。

 

そして、レジスタンスラインだったところに、

レートが押し目を形成し、

サポートラインとして機能するのを確認してから、

エントリーします。

 

 

次にショートのエントリーの方法を説明します。

レンジレジスタンス

考え方は、ロングの場合と同じですが、

ショートの場合も説明したほうが、

わかりやすいので説明します。

 

 

通常のレンジのブレイクのエントリーでは、

サポートラインを突破した部分の青○でエントリーするのですが、

あえて青○でエントリーするのは、見送ります。

 

そして、サポートラインだったところに、

レートが押し目を形成し、

レジスタンスラインとして機能するのを確認してから、

エントリーします。

 

 

 

このように”第2波”を狙うトレード方法になります。

 

第2波を狙うトレード方法は、

トレンドフォローでも行えます。

ですから、そちらにも興味がある方は、

ぜひご覧になってください。

 

 

トレンドフォローの第2波についてはこちら

 

ですが、レンジのブレイクアウトは、

通常ロングとショートどちらで機能するはずですが、

もしもトレンドとは、逆の方向にポジションを保有してしまうと、

リスクの高いトレードになってしまいます。

 

 

ですから、レンジのブレイクアウトのトレード方法でも、

大きな時間足のトレンド方向に順張りでトレードしなければなりません。

 

そうすることによって、リスクの低いトレード方法になります。

 

 

このような理由から、

レンジのブレイクアウトのトレード方法でも、

ロングとショートをわけて説明していますので、

ご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク