レンジのブレイクアウトで有効なトレード方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人間の数だけトレード方法があるといっても過言ではないのが、

”FX”です。

その中には、レンジのブレイクアウトでトレードしている方も、

レンジのブレイクアウトでトレードしたことがない方もいらっしゃるかと思われます。

 

 

 

ですが、ただ単にレンジのブレイクアウトを狙っているだけでは、

勝てないのがFXの世界です。

 

 

普通にトレードするのではなく、

レンジのブレイクアウトに少し工夫を加えることによって、

トレードがより精度を増します。

 

 

今回はそのレンジのブレイクアウトのトレード方法に、

少し工夫を加えたトレード方法を説明します。

 

レンジのブレイクアウトについて知らない方や詳しく知りたい方はこちら

 

 

簡単に説明しますと、

ブレイクした後の第2波を狙うトレード手法になります。

 

この第2波を狙うトレード方法はレンジに限らずトレンドフォローにも、

使えるトレード方法になります。

 

 

トレンドフォローの第2波についてはこちら

 

 

では、こちらの図をご覧ください。

レンジ第2

ロングの場合のトレード方法になります。

 

一般的に「レンジのブレイクアウト」と言われたら多くの人が、

青○の部分でエントリーすると思います。

ですが、この多くの人たちって勝てていない人がほとんどです。

 

勝てていない人たちと同じ行動をしていては、

いつまでたっても勝てるようにはなりません。

 

 

その勝てていない人たちと違うポイントでトレードするのです。

そこで私は、このように考えます。

 

レンジがブレイクして、

次のスイングの場面でエントリーすることによって、

レンジのブレイクの初動によく現れるダマシを防ぐことができ、

なおかつ精度の高いエントリーができるのです。

 

 

このように1テンポエントリーを遅らせることによって、

トレンドの方向性を確認してトレードすることができるのです。

 

そしてなおかつ、トレンド方向にトレードすることによって、

順張りのトレード方法となり、リスクを減らせます。

 

 

ショートの場合はこれと反対の考え方になります。

参考までにこちらの図をご覧ください。

sレンジ第2

 

 

私も過去にレンジのブレイクアウトこのトレード方法を、

なぜかバカにしていた部分がありました。

ですから、このトレード方法でトレードしようとしなかったですし、

見向きもしませんでした。

 

ですが、このレンジのブレイクアウトはとてもシンプルで、

すばらしいトレード方法だということに気づかされました。

 

やはりトレード方法はシンプルが1番です。

 

シンプルだからこそ迷いがなくトレードできますし、

そして安定しています。

 

ですから、みなさんにもこのレンジのブレイクアウトの

トレード方法を多くの人に使っていただきたいですし、

すでに使っている方は、よりこのトレード方法を

自分のものにしていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク