レンジのブレイクアウトでダマされたところでトレードする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXでは、ブレイクアウトを狙ったトレード方法がありますが、

このブレイクアウトは、レンジや中段保ち合いやトレンドの転換、

このようなパターンがあるのですが、

ブレイクアウトの初動は、ダマシが多いという事実があります。

 

 

まずダマシについて説明します。

 

ダマシとは1度は、その方向にエントリーするのですが、

すぐに逆方向に進んでしまい。

私たちのポジションが、損切りにあってしまうことです。

 

その後、思惑通りにレートが進むこともあります。

 

 

このようなダマシはFXにおいては、

日常茶飯事ですし、当たり前です。

 

 

 

しかし、多くに人がこのダマシを受け入れられないのです。

「なぜブレイクアウトした方向にレートが進まないのか?」

このような疑問を持つ方も多いのではないのでしょうか?

 

 

ですが、ダマシは当たり前の出来事です。

私たちが呼吸するぐらい当たり前のことなのです。

 

ですから、始めからダマシを受け入れ、

それを想定してトレードすれば良いのです。

 

 

では、本題に入りブレイクアウトでダマされたところで、

トレードする方法を説明します。

こちらの図をご覧ください。

レンジブレイクアウトダマし

ロングの場合のトレードになりますが、

このように1度はブレイクアウトしたようにみせかけるのですが、

すぐに反対方向にレートが動きます。

 

通常では、ダマシのパターンになります。

そして、レジスタンスラインを突破したところで、

エントリーします。

 

なおかつトレンド方向にエントリーすることによって、

トレンドフォローのトレードになりリスクを少なくできます。

 

 

次にショートの場合も説明させていただきます。

こちらの図をご覧ください。

2レンジブレイクアウトダマし

1度は、ブレイクアウトしたようにみせかけるのですが、

すぐに反対方向にレートが動きます。

 

こちらも通常では、ダマシのパターンになります。

そして、サポートラインを突破したところでエントリーします。

 

なおかつトレンド方向にエントリーすることによって、

トレンドフォローのトレードになりリスクを少なくできます。

 

 

 

このようにダマされることを前提にトレードできます。

 

ただ単にダマされるのではなくそのダマシを逆に利用するトレード方法になります。

 

 

 

みなさんは、通常時このようにレンジのブレイクアウト以外にダマされるときは、

どちらかと言うと「そのまま思惑とは反対方向にレートが進むような気になることはありませんか?」

 

もちろん確実ではないのですが、

損切りにあうということは、

”レートの方向性が定まる”と言うことになります。

 

 

ですから「ダマシの方向にレートが動く確率が高い」

このようなことになります。

そして、ダマシの際にダマシ方向にエントリーすることを、

「ドテン」といいます。

 

 

みなさんもこのトレード方法を参考にし、

自分が負けているときのトレードのパターンをもう1度確認してみることによって、

何か新しい発見があるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク