レンジ相場とは

FXの相場の中で「レンジ相場」というのがあるのですが、

レンジとは、

チーンと音がなり

マイクロ波により水分を含むものを加熱するものです。

 

 

・・・・・・チーン

 

 

失礼しました。

 

茶番はこれまでにして本題に入ります。

 

 

レンジ相場とは、

相場において売りと買いのバランスが均衡し、

一定の値幅を上昇と下降を繰り返す相場の状態です。

 

横ばいまたは、ボックスと呼ばれたりもします。

下の図のような状態です。

yoko_02

このレンジ相場は正直好きなトレーダーはあまりいないかもしれません。

私もあまり好きではないです。

 

 

そして、FXにはレンジ相場とトレンド相場というのがあるのですが、

トレンド相場でトレードすることをおすすめします。

 

 

トレンド相場がわからない方はこちら

 

 

一般的にトレンド相場を狙うのがセオリーとされています。

ですから中には、このようなレンジ相場が得意な人もいらっしゃると思いますが、

やはり少数派ということになります。

 

 

ですから特に初心者の方は、このレンジ相場でのトレードをするのは、避けていただきたいです。

 

 

サーフィンで例えてみますと、

波がある方が乗れますし簡単ですよね?

波のないプールで波に乗るのは難しいですよね?

 

 

私たちトレーダーは、この相場という波でサーフィンをしなければなりません。

多くの人は、波でサーフィンをして利益を得ます。

一部の人は、波でサーフィンをしなくても利益を得られますが、

やはり波でサーフィンをする方が多いです。

 

 

「自分はサーフィンをしない」と言っている方でも、

サーフィンをしたほうが、大きな利益を得る確率が高いです。

 

レンジ相場でトレードしたいという人も、

まずは、トレンド相場と言う名の波に乗ることから始めましょう。

トレンド相場の方がはるかに簡単です。

わざわざ難しいことをする必要はありません。

 

とりあえずトレンド相場で利益を得られるようになったら、

レンジ相場にチャレンジしてみてください。

 

 

 

ですから、多くのトレーダーがこのレンジを避けたいのです。

 

そして、FXの相場のトレンドとレンジの割合は以下になります。

 ・レンジ相場が7割

 ・トレンド相場が3割

 

ほとんどが、レンジ相場なのです。

多くのトレーダーが避けているレンジのほうが多いのです。

 

ですから、トレンドなのかレンジなのかを見極めるのがとても重要なのです。

 

 

しかしレンジ相場では、多くのトレーダーの資金が流れ込みます。

つまりエネルギーがレンジ相場にはたまっていくのです。

そのレンジ相場が長ければ長いほどエネルギーはたまっていきます。

 

そしてそのレンジ相場のバランスが崩れると、

そのエネルギーが一気に解放されるので、レートが一気にどちらかに動きます。

そのことをブレイクと言います。

 

 

このレンジ相場とブレイクは重要なのでぜひ覚えておいてください。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

IFD注文とは

指値注文とは

FXとは

IFO注文とは

デモトレードを勧める理由

トレードスタイルを決める