テクニカル指標ではなくレートの動きを見てトレードする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、

トレードする際にチャートを見ているかと思います。

 

ですがほとんどの方が、

“ただ単にチャート”を見ているだけなのです。

 

チャートを見ているにもかかわらず、

トレードする際には、

そのチャートを何も参考にしないのです。

 

 

チャートを見てトレードするのです。

チャートを参考にしてトレードするのです。

 

参考にするのは、

 ・テクニカルでもありません

 ・ファンダメンタルでもありません

 ・予想するサイトなどでもありません

 

チャートなのです。

FXはチャートつまりローソク足の動きが全てです。

このことを”プライスアクション”と言います。

 

このことを理解していない方がほとんどですし、

理解しようともしていないのが、

現実です。

 

 

まわりに踊らされ、

結局もっとも見なければならないものを、

見えていないのです。

 

もっとローソク足に耳を傾けてください。

 

もっとローソク足の声を聴いてあげてください。

 

あなたを基準にチャートが動いているのではありません。

チャートが基準にあなたが動いているということを理解してください。

 

このことを勘違いしている方が多いですし、

真実に気づいていない。

また、気づこうともしないのです。

 

 

 ・損切りするポイントもチャートを見てください

 ・エントリーするポイントもチャートを見てください

 ・利食いするポイントもチャートを見てください

 

 

全ての判断をローソク足を見て行ってください。

 

テクニカルなどは、

結局ローソク足の後づけでしかありません。

 

ローソク足が動いてからテクニカルが動くのです。

そして、テクニカルが動いてからトレードする。

 

それでは、正直遅すぎます。

 

ローソク足を判断して、トレードをする。

そうしたらテクニカルが動くぐらいのレスポンスが必要になります。

 

 

ですからとにかくチャートを見ていただきたいです。

 

そしてチャートを1つのグラフィックとしてみてください。

チャートは「絵」です。

グラフと思わないでください。

 

 

その勝てる「絵」に相場が当てはまったらトレードするのです。

 

トレード記録を取っている方は、

自分の勝ったトレードを見てください。

同じような形になっていることが多いのに気づくと思います。

 

そしてこの絵は、

勝てるパターンだけではなく、

もちろんさまざまなパターンが存在します。

 

・こうなったらこうなる

 ・この形前も見たことがある

 ・この形でよく負ける

 ・なんかいやな予感がする

 

もちろん完璧ではありませんが、

なんとなくレートが次にどのようになるかが、

雰囲気でわかるようになります。

 

そこまで行くには、

常にチャートを見ていなければなりません。

「じ――――っとチャートを見ろ」このようなことではありませんよw

 

少しぐらい目を離しても構いません。

 

とにかくチャートを見続けてください。

 

 

そうすると何となくチャートの見方が変わってきますし、

トレードに対する考え方も変わってきます。

 

そして、先ほどお話した。

「チャートがすべて」

この言葉の本当の意味がわかってきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク