なぜ多くの人がFXで損失を取り返そうとするのかプロスペクト理論から考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXにおいて損切りは必ず必要になりますし、

トータルで利益を継続的に生み出すにはとても重要なことです。

 

初心者の多くが損切りができませんし、

上手に損切りすることができません。

 

このことは、トレーダーにとってとても致命的です。

 

しかしそのことは、

当たり前ですし理由があるのです。

 

 

 

”プロスペクト理論”みなさんはこのような言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

プロスペクト理論については詳しくはこちら

 

プロスペクト理論は、

同じ条件を提示されても人間が状況によっては答えが異なることを表しています。

 

簡単に説明すると、

 ・利益を目の前にすればその利益を失うことを恐れ、確実に利益を取るように考える

 ・損失を目の前にすれば例え確実に損失を半分にできるとしてもそのすべてを回避しようと考える

 

上記のようになります。

 

このことは、FXではとても重要な考え方になるのです。

 

 

本来プロスペクト理論は、行動経済学から考えているのですが、

これがFXと以外にも深い関係を持つのです。

 

 

あなたは損失を出してしまったときその損失を何としても取り返そうと考えるのです。

 

どうでしょうか?

当たってはいませんか?

 

このことは、当たり前のことですし、

何もおかしな部分はないのです。

 

そして、その損失を取り返すために、

自分の持てるポジションの全てでトレードしてしまい、

最悪の場合、マージンコールやロスカット、

このような事態になってしまうのです。

 

 

しかしこのことは、

先程申しあげた通り”当たり前”なのです。

 

特に初心者の方は、

損失を受け入れることができませんし、

当たり前のように損切りができません。

 

そして、その結果損失を出したことを本能的に嫌い、

当たり前のように取り返そうとして、

余計な損失を出してしまうのです。

 

 

このようなことによって、

多くの人が大きな損失を出してしまうのです。

 

 

私たちは利益よりも損失に敏感なのです。

 

 

ですから、損失を認めることができませんし、

損切りもできないのです。

 

みなさんは、損失を受け入れることができずに、

大きな損失を出してしまったことや、

損切りが遅れてしまうことはありませんでしょうか?

 

 

そして、損失が膨らんでしまい、

「もう少し損失が少なくなってから損切りしよう」

「今損切りしてしまったら負けてしまう」

「利益になるまで待とう」

 

このようなことを思うことはありませんか?

 

確かにこのように思うことは、

仕方がないかもしれません。

 

しかし、このようになったポジションはみなさんその後どうなりましたでしょうか?

 

結局「損切りしておけばよかった」

このように思いませんでしたか?

 

 

FXは損切りがなかなかできなくて当たり前ですが、

そのまま「当たり前だから仕方がない」

このようなことでは済まされないのです。

 

 

確かに、FXでは損失を出すことは避けられませんし、

損切りすることも避けられません。

 

しかし、自分のミスで膨らんでしまった損失を、

そのまま仕方がないで済まさないでほしいのです。

 

 

確かに最初は仕方がないのかもしれません。

 

しかし、FXはミスをお金で償わなければいけないのです。

 

ですから、損失は避けられませんが、

損失が膨らむことは絶対に避けなければいけないのです。

 

 

”プロスペクト理論”を知ったから、

「損失を出すことは当たり前なんだ」

このように済まさないでいただきたいですし、

プロスペクト理論を知ったからこそ、

どうすればいいのかを考えて行動していただきたいです。

 

 

ですから、プロスペクト理論通りに行動してしまっては、

FXで勝てないのならば、

プロスペクト理論の反対の行動を取っていただきたいのです。

 

 

確かにプロスペクト理論通りに行動することは、

当たり前のことかもしれませんし、

何よりも”楽”かもしれません。

 

しかし、そこで楽をしてしまっては、

FXでは勝つことはできません。

 

 

とてもつらいかもしれませんが、

そこで”楽”な行動を取るのではなく、

つらい行動を取っていただきたいのです。

 

 

FXは、つらいことをすればする程、

利益につながりますし、

成長できることを理解していただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク