個人消費支出(PCE)コアデフレータとは

簡単に説明してしまえば、

個人消費支出とは、

「米国の家計が購入した財・サービスを集計したもの」

になります。

 

また、日本では個人消費支出ですが、

英語では、

Personal Consumption Expenditures)

と呼ばれます。

 

そして、その頭文字をとって、PCEとも呼ばれます。

 

 

個人消費支出(PCE)は、

GDPの内訳である

(個人消費・設備投資・住宅投資・在庫投資・政府支出・純輸出)

上記の中の個人消費支出のデフレータのことを特に指します。

 

(物価上昇分を考慮しない名目の個人消費支出と、

物価上昇分を考慮して算出される実質の個人消費支出との差額を調整する値)

 

 

そして、この算出方法は、

名目個人消費支出÷実質個人消費支出

になります。

 

 

 

個人消費支出(PCE)の特徴は、

個人消費の物価動向を示す指標になります。

 

個人消費のうち変動の大きい食品・エネルギーを除いたものを、

PCEコアデフレータと言うのですが、

このPCEコアデフレータは、

FRB(米国の中央銀行にあたる連邦準備制度の中枢機関)

の物価判断基準において最も重要視される指標なのです。

 

なぜなら、

米国ではGDPの約7割を個人消費支出が占め、

経済活動に占める比重が大きいからです。

 

そして、人消費支出の物価動向を示すデフレータは、

「インフレ指標」として非常に注目度が高いのです。

 

PCEコアデフレータと似ている経済指標があるのですが、

それは、消費者物価指数コア(CPIコア)になります。

この経済指標の大きな違いは、

計算方法や集計対象が違います。

 

また、代替効果による上方バイアスが生じにくい点、

保険制度による医療費負担など間接的な支払いが含まれている点が、

特徴となっています。

 

この違いは別に覚えなくても構いませんが、

似ている経済指標があると言うこと、

また、どのようなところが違うのかと言うことを

理解していただければ構いません。

 

このような知識は一見無駄なようで無駄ではありません。

知っているのと知らないのでは、

似ているようで大きな違いがあるからです。

 

ですから、このことを頭の片隅にしまって置いていただきたいです。

 

 

そして、特に注意しなければならないのが、

月次ベースでの前年比の数字になります。

 

また、あくまでも目安ですが、

FRB関係者によりますとこのPCEコアデフレータの数値は、

”1~2%”がちょうどいいと言われています。

 

ですから、予想がこの1~2%と異なる場合は、

トレードを控えるなどのことをして、

リスク管理をしなければなりません。

 

そして、FRBがコアインフレに言及した場合だけは、

一般にPCEコアデフレータの水準を示していることが、

多いのもこのPCEコアデフレータの特徴になります。

 

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

小売り売上高とは 

非農業部門雇用者数(雇用統計)

ISM製造業景況指数とは

要人発言とは

失業率(雇用統計)とは

消費者物価指数(CPI)とは