1番おいしいところを利益にする

みなさんもチャートを使って相場を見ていると思いますが、

通貨ペアごとボラティリティが、

違うことに気づかれているのではないでしょうか?

 

ボラティリティがわからない方はこちら

 

ボラティリティとは、

”価格の変動率”です。

 

通貨ペアごとボラティリティが違うのであれば、

通貨ペアごと1日に価格が動くレートの平均値も違います。

 

 

では、わかりやすく説明するために、

ドル円で説明します。

 

ドル円の1日のボラティリティの平均を1円とします。

平均は、その年やその月によって違いますので、

ご了承ください。

 

平均が1円ということは、

1日に平均で100Pipsレートが動く事になります。

 

平均で100Pipsという事は、

1日に100Pips数は、

”動く”という事が予想できます。

 

 

そして、勝てていない方や初心者の方が、

勘違いしているのが、

1日に100Pips動くからといって、

1日に100Pips数の利益を取ろうとするのです。

 

全部取ろうとすることに無理があるので、

トレードにも無理が生じてしまうのです。

 

 

1日に100Pips動くとするのならば、

利益が取れたとしても50Pips数くらいまでが、

トレードのバランスを考えると限界なのです。

 

相場の格言に、

「頭と尻尾はくれてやれ」

このような言葉がありますが、

まさしくその通りです。

 

この言葉の逆を考えるのならば、

「頭と尻尾はとれない」

このように考えられます。

 

 

ですからおいしい部分だけを狙うのです。

先ほどの1日に100Pips動くとするのならば、

100円から101円という事になります。

 

「おいしい部分」と言うのは、

100.30円から100.80円までの50Pips数になります。

このように1日に100Pips数動くとするのならば、

その間の50Pips数くらいしか、

私たちには利益を狙えないのです。

 

今回の例えは、

デイトレなどの場合に例えられます。

 

 

スキャルピングやスイングなどのトレード方法の場合は、

この例えと異なることをご了承ください。

 

おいしい部分だけを狙うほうが、

リスクが少ないですし簡単です。

簡単に利益をあげられるのならば、

”かんたん”にトレードしたほうがいいのです。

 

 

頭と尻尾は狙うことが難しいのですし、

利益がそこまで見込めない割に、

難しいトレードなのです。

 

ですから、わざわざ難しい部分を狙う必要がないですし、

狙う価値があまり感じられません。

 

 

しかし、1日の平均のボラティリティが1.5円だとするのならば、

1日に狙えるPips、つまりおいしい部分のPips数も増えます。

 

このような事を踏まえてトレードしていただきたいです。

 

 

最後にトレードは、

シンプルかつ簡単に行うものです。

 

仮においしい部分だけしか利益が見込めないと、

少なく感じる方もいますが、

現実的に考えるとそのPips数が最適ですし、

トータルで考えたときに、

そのほうが利益が見込めるのです。

 

 

 

そして、おいしい部分だけを狙ったとしても、

決して利益は少なくありませんので、

安心してください。

 

 

みなさんにもおいしい部分だけを狙って、

おいしい思いをして欲しいです。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

利食いは永遠の課題

利食いがどうしても伸ばせないことをプロスペクト理論から考える

利食いをする際の目安の決め方

急激にレートが利益の方向に動いたときの利食いの方法

移動平均線乖離率を利用した利食い(エグジット)の方法

利食いの幅を考える方法