納得のいく損切りをすることでトータルで勝てるようになる

損切りはFXで継続して勝つためには、

必ず必要になりますが、

みなさんはどのように損切りを行っているでしょうか?

 

「ただ単に損切りしている」

このように損切りしている方もいるのではないでしょうか?

 

 

損切りと言うのは、

ただ単にすればいいと言うわけではありません。

 

その意味やその重要性を理解して損切りしていただきたいです。

 

 

しかし、損切りが出来ない方が多い中、

損切りと言う行動をとっているみなさんは、

とてもすばらしいです。

 

確かにいきなり意味を求められてもわからなくて当然ですし、

これからわかっていけばいいのです。

 

意味がわからないから損切りをしないのと、

意味は分からなくても損切りの重要性を何となく理解し、

損切りするのでは大きな差があります。

 

 

損切りの意味や本質がわからなければ、

納得のいく損切りもできませんし、

完璧な損切りもできないでしょう。

 

 

 

そして、損切りを納得のいくものにしていただきたいです。

 

みなさんの多くが損切りをしているけれども、

納得がいってないほうが多いのではないでしょうか?

 

   ・損切りが遅れてしまった

 ・損切りが早すぎた

 ・もっと上手に損切りできた

 

私たちトレーダーは損切りをいかに上手に、

そして、損失をなるべく小さくするために努力しなければならないのです。

 

 

そして、損切りし終わったときに、

「完璧な損切りだった」

「納得のいく損切りだった」

「ナイス損切りだった」

このように思えるような損切りをするようにしなければなりません。

 

このように納得のいく損切りを追及していくことができるのならば、

損切りが遅れることもありませんし、

損切りできないなんてこともなくなります。

 

 

やはり多くの方が損切りを上手にできませんし、

その損切りが上手にできないことによって、

損失を出してしまいFXから去っていってしまうのです。

 

損切りさえ上手にこなすことができれば、

あとは、利益を伸ばせれば、

トータルで勝てるようになります。

 

 

損切りを納得のいくものにすることは、

とても大変です。

 

ですが、継続して納得のいく損切りを心がけていくことができれば、

その納得のいく損切りの割合は、

着々を増えていきます。

 

 

私は、トレード記録を振り返るときに、

損切りしたトレードの中で、

どれだけ納得のいく損切りがあるのかの割合を求めました。

 

「ナイス損切り率」

その割合のことをこのように名づけて呼んでいました。

 

 

その取り組みを始めたばかりのときは、

”10%”と言う情けない数字でした。

 

しかし継続して、

納得のいく損切りを求めていきました。

 

 

納得のいく損切りを求めたからと言って、

すぐに損切りが納得のいくものになるわけではありません。

 

あらかじめ決めていた損切りするポイントになったとしても、

なかなか損切りはできないものです。

 

「ここで損切りしなければ、納得のいく損切りにならない」

このように、わかっているのにもかかわらず、

損切りは上手にできないものなのです。

 

損切り注文を外してしまい、

損切りが遅れてしまいます。

 

 

すぐに納得のいく損切りにはならないかもしれません。

ナイス損切り率は上がらないかもしれません。

 

ですが、そのことは当たり前のことですし、

そういうものだと理解し、

継続して納得のいく損切りを求めていただきたいです。

 

 

常に意識すれば徐々にですが、

ナイス損切り率は必ず上がります。

 

自分を信じてトレードしていただきたいですし、

自分の未来を信じてトレードしていただきたいです。

 

私はあなたの未来を信じています。

 

あなた一人が信じるよりも私とあなたの二人であなたを信じることができれば、

2倍成長できる気がしますよね。

 

 

私も10%から”100%”することができましたので、

あなたにできないはずがないのです。

 

 

とても苦労しましたが、

今では”100%”が当たり前になりました。

 

 

みなさんもナイス損切り率を”100%”にできるように努力していきましょう。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

損切りをできない方が損切りをする方法

損切りを復習することによって損失にはならない

損切りをできるようにするには

損切りの額を小さくするには

損切りすることを前提にトレード手法を考える

損切りは間違えでもミスでもない