成行注文とは

FXでは、成行注文【なりゆきちゅうもん】が、

基本的な注文方法になります。

この成行注文というのは、現在のレートで注文をする方法です。

 

まず、取引枚数と売り買いを指定したら、

レートの指定をせずに、今表示してあるレートを自分のタイミングで

ワンクリックで注文を出しポジションを保有する方法になります。

 

この成行注文が1番皆さんの中で身近な注文方法ではないでしょうか?

 

よくテレビなどで動いているレートに対して、

「ここだというタイミングで新規注文または、決済注文を出し、

その後レートが下がったりして絶妙のタイミングで注文を出せた」

そして”ドヤ顔”をするこのようなシーンを見たことある人もいらっしゃるかと思います。

 

 

成行注文とは、簡単に言いますとそのような注文方法になりますw

 

 

ですが、FXで取引する際に気をつけなければならないのが、

必ずしもその注文のレートで約定【やくじょう】できるとは、

限らないのです。

 

約定【やくじょう】

注文が成立することです。

 

注文をした後に、データ通信してその注文のデータが、

業者のサーバーに届き始めて”約定”されるのです。

 

 

この指定したレートと約定したレートの違いが生じることを、

「すべる」または「スリッページ」と言います。

 

使い方としては「今注文したら10Pipsもすべった」

このような形で使いますので、

みなさんもすべったときは使ってみてください。

 

すべりすぎも困りますけどねw

 

私のギャグみたいにw

 

 

失礼しました。本題に戻ります。

 

 

では「なぜすべるのか?」について説明します。

注文をだしたデータ通信中にもレートはリアルタイムで動いています。

データ通信中にレートが10Pips動いたらその10Pips動いたところで、

約定されてしまいます。

 

ですから、業者の約定率や約定スピードの速さが評価されるのです。

業者だけでは、ありません。

 

自宅のインターネットの速さもトレードするならば、

”光回線”にすることをおすすめします。

 

今は工賃のサービスなども行われているので、

今現在インターネットに加入して光回線ではない方でしたら、

さほど料金は、変わらないです。

 

「めんどくさいから」このようない理由で、

光回線にしていないと、なんだかんだインターネットの速度に泣かされます。

ですから、すぐにでも光回線の加入をお願いします。

 

FXでは、相場が急変して慌てて注文したら、

自分が思っていたレートより30Pips違かったところで約定してしまった。

 

ですから「相場が一気に100Pips急変した」

このようなときは、トレードしないことが1番の得策です。

 

 

 

 

そしてそのレートのずれを回避できます。

すべる幅を自分で設定できるのです。

 

「10Pipsまでだったらすべっても大丈夫だけどそれ以上はダメ」

「5Pipsまでしかすべるのは許せない」

このように自分の好みで設定できるのです。

 

ですがここでこのシステムがすごいのが、

自分が有利な方向にすべったらそのときは設定したすべる上限に関係なく約定してくれます。

このシステムは、素晴らしいですしみなさんもぜひ利用してみましょう。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

勝つためのトレードルールを決める

FXのリスクとは

FXのレートが動く理由

ボラティリティとは

どこのチャートを使えばいいのか?

バイナリ―オプションの真実