ナンピンをやってはいけない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初心者の方がよくやってしまう間違いの中に、

”ナンピン”

このようなものがあります。

 

 

ナンピンとは、

トレードしていてポジションを買い増しまたは売り増ししてしまうこと、

ポジションを同じ通貨でいくつも持ってしまう事です。

 

 

確かに利益が出れば一気にプラスになるように感じるかもしれません。

ですが、そこが”大きな勘違い”なのです。

 

よく初心者の方がしてしまうありがちなパターンを説明します。

 

まず1万通貨でポジションを持ちます。

その後その損益がマイナスになったらまた同じポジションを追加します。

 

1万通貨勝ったとしたのならば、

これで合計2万通貨となります。

 

ここで終わればいいのですが、

さらにレートがマイナスの方向に動いて、

また買い増しをしてしまい、

結果的にそれの繰り返しで”5万通貨”というポジションを持ってしまったとします。

 

 

 

最初のポジションのサイズの5倍になります。

 

 

もちろんこれだけナンピンしていますので、

自分はレートが、必ず戻ってくるつまり損益がプラスになると信じています。

 

ですから、損切りなどいう行為はとてもできませんし、

損切りなどと言う選択肢もないかもしれません。

 

 

損切りすることは、負けを認めることになりますし

結局は、負けを認めざるを得なくなります。

 

 

結局レートはそのままマイナスの方向に進み、

「マージンコールにロスカット」

このような最悪の事態になってしまうのです。

 

特に初心者の方は、このようなパターンになってしまうのです。

 

 

 

そして、何を隠そうこれが昔の私ですw

 

 

 

こんな頭の悪い、往生際の悪い過去がありました。

 

 

では多くの方が、なぜこのようにナンピンをしてしまうのでしょう?

 

 

それは「1回1回のトレードに本気」になっているからです。

別に「手を抜け」と言っているわけではありません、

 

 

トータルで考えるのであれば、最初の1万通貨で損切りをしてしまったほうが、

明らかにトータルでの収支が良いことがわかります。

 

 

ですが、1回のトレードを何が何でも勝ちにいこうとするために、

1回の勝負に”本気”になりすぎているのです。

勝負に熱くなりすぎていると言う表現でも良いかもしれません。

 

 

 

みなさんの中には、中学校や高校または大学で、

スポーツをやっていた方も多いのではないでしょうか?

 

 

その教えでは「勝負にこだわり何が何でも勝たなければならない」

このように教えられてきました。

 

私も昔、サッカーをやっていましたし、

本気で頑張らないとレギュラーは勝ち取れませんでした。

 

スポーツをやっている以上レギュラーになりたいと考えるのは、

一般的なの考え方ですし、

当たり前の考え方なのです。

 

 

その為に努力をすると言う行為も、

私たち社会では一般的な考え方です。

 

 ・負けず嫌いな気持ち

 ・勝負に対する熱い気持ち

このような気持ちは、FXにおいては障害にしかならないのです。

 

 

 

私たち生活の常識では、

相場の世界では全く通用しません。

 

 

 

1回1回のトレードに、

そこまで熱くならないでいただきたいですし、

熱くならなければ”ナンピン”もしなくなります。

 

 

もしも、少しでもナンピンをしてしまって、

ポジションの枚数を増やしてしまったのであれば、

もう感情のコントロールは難しいですし、

余程のことがない限りそのまま損切りはできないでしょう。

 

 

確かに負けたくありませんし、

レートも戻ってくるかもしれません。

 

もしも、プラスになったのならば、

負けを取り返して、利益が生まれるかもしれません。

 

 

しかし、このようなことを言っていては、

キリがありませんし、どうしようもありません。

 

 

私たちにできることは、

その負けトレードを勝ちトレードにすることではありませんし、

そのようなことはできないのです。

 

私たちには、その負けを認め、

次のトレードに切り替えることしかできません。

 

 

ですから、私のサイトの読者の方には、

”ナンピン”と言う行為をして欲しくはありませんし、

ぜひお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク