南アフリカランドとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ZARこの言葉をきいてもどこだ?」

このような人もいらっしゃるかと思います。

そのくらい私たち日本人にはあまりかかわりのない通貨と言えるでしょう。

 

ZARとは、南アフリカ共和国で使用される通貨です。

そして通貨の名前は「南アフリカランド」と言います。

ではなぜZARなのか説明します。

 

南アフリカランドは、英語で言いますと以下になります。

South Africa Rand

このようになります。

 

しかし、全然”S”から始まっていますしZARになりません。

ですが、南アフリカランドをオランダ語で言いますと、

Zuid Afrikaanse Rand

この頭文字をとりますと、ZARになります。

 

通貨の表記はその国によって英語ってわけではないので、注意が必要です。

なぜ南アフリカランドがオランダ語表記かと言いますと、

まず英語で南アフリカランドは、

South Affrica Rand

このようになってしまいます。

 

そしてこの頭文字をとると

SARです。

 

実はSARは、もうすでにあるのです。

サウジアラビアの通貨が、

Saudi Arabia Riyel(サウジアラビアレアル)

このようになっているためSARでは同じになってしまいます。

 

 

そして南アフリカの歴史をさかのぼってみますと、

1994年までは、白人が政権を握っており、

その政権中は”アフリカーンス”と呼ばれるオランダ系の言葉が、

英語と同じく公用語になっていました。

 

そしてそのアフリカーンス語で南アフリカは、

Suid Afrikaとなり、これでもまだ”SA”のままなので、

本家本元のオランダ語を採用したとされています。

 

南アフリカは17世紀に入植してきたオランダ系移民に開発され、

その後に「大英帝国つまりイギリスが乗り込んできた」という歴史があります。

ですから、南アフリカの人の中に白人の人が意外と多くいますし、

その白人の多くがそのオランダ系移民の子孫なのです。

 

このような理由から”ZAR”という表記になっています。

 

 

そして南アフリカは、鉱物資源にとても恵まれている資源大国です。

特に金の産出は、世界1位です。

他にもプラチナ、レアメタル、ダイヤモンドの世界的産地なのです。

 

そんなこと言われたら南アフリカに行って採掘したくなってしまったのは、

私だけでしょうかw

 

 

 

また南アフリカは、アフリカ大陸の中でも屈指の経済力を持っていますが、

世界では、南アフリカランドはマイナー通貨です。

しかし、南アフリカランドは高金利通貨です。

 

政策金利は10%以上にもおよび世界的にも高くスワップ

狙いのトレーダーにとても人気の高い通貨となっています。

 

そうしたことからFXが広まってその高金利が注目され、

どこの業者でも扱うようになっています。

 

 

南アフリカランドは、南アフリカが金の産出が世界1位ということもあり、

金の影響をとても受けやすいです。

 

そしてまだまだマイナー通貨の為流動性も少なくリスクが高い通貨となっているために、

南アフリカランドは、ハイリスクの通貨と言えるでしょう。

初心者の方などには、トレードしてほしくない通貨でもあります。

 

 

そして、トレードする際に気を付けていただきたいのが、

ZARは、取引数量がほかの通貨と異なります。

 

業者によっては、1LOTつまり1枚が、

10万通貨の場合がありますので、

そのことだけ注意してトレードしていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク