短い足だけを見るのはなぜいけないのか

人それぞれ自分の基準としている、

時間足が違うと思います。

 

1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足

 

上記のように人それぞれ違いますし、

違って当たり前かもしれません。

 

人の数だけトレード手法がありますし、

メインの時間足も違うと思います。

 

 

ですがよく初心者の方や、勝てていない方がよくありがちな間違いとして、

 ・短い足しか見ない

 ・主に使っている足しか見ない、

 ・長い時間足を見るのだけれど見るだけで意識しない

このような間違いがあります。

 

 

しかし、勘違いしていただきたくないのが、

レートは全てがつながっているのです。

 

私も始めたばかりの頃は、この勘違い、ミスを犯していましたし、

みなさんの中にもこのようなミスを犯している方もいらっしゃると思います。

 

 

年足から始まり、月足、週足、日足、4時間足、1時間足、30分足、15分足、10分足、5分足、1分足、

このすべての時間足が、独立しているのではありません。

 

全ての時間足がつながっているのです。

 

時間足または、分足などのチャートは、

見るポイントを分けているのにすぎません。

 

 

ですから、短い時間足のトレンドよりも大きな時間足のトレンドのほうが、

当然ながら影響力はありますし、

短い足のトレンドは大きな足のトレンドに収束していきます。

 

 

短い足のトレンドばかり追いかけても大きな足のトレンドやレンジを気にしなければ、

いくらタイミングよくエントリーできても意味がないのです。

 

こちらの図をご覧ください。

5分足間違い

5分足のトレンドがいくら上昇トレンドだとしても、

1時間足のトレンドが下降トレンドまたは、

1時間足の20EMAが下を向いている状態では、

やはり大きな流れが下を向いているので、

それに逆らったトレードになってしまいます。

 

20EMAは指数平滑移動平均線です。

この移動平均線は単純移動平均線よりも

反応が早くとても素晴らしい移動平均線になります。

20EMAについて詳しくはこちら

 

その結果、5分足で順張りだと思いエントリーしたとしても

大きな足のトレンドの方向性を意識していないがために、

リスクが高いトレードになってしまいますし、

勝率も悪くなってしまいます。

 

 

 

その結果いつまでたっても視野を広げない限りは、

見えることのない景色もありますし、

なぜ5分足のトレンドが転換したのかさえもわかることはありません。

 

 

全ての原因がわかるわけではありませんが、

このように明らかにその原因がわかることもありますので、

そのような知識や経験が、リスクや無駄な負けを減らしてくれるのです。

 

FXはこのような無駄をなくしていかなければ、

いくら利益を得たとしても、

それ以上に損失を出していたのであれば、

トータルで勝てるようになることはありません。

 

 

 

ですから、覚えていただきたいのが、

短い足は大きな足の一部なのです。

 

この言葉を理解してください。

 

確かに大きな足のトレンドも小さなトレンドがきっかけで

トレンド転換する場合もあります。

 

ですが、相場は確率論です。

確率が高い方にベットしていき、それを続けて結束させていくのです。

 

 

確率的には大きな足のトレンドに小さなトレンドが収束する確率の方が高いのです。

ですから、大きな足の方向性はとても重要になってくるのです。

 

 

 

みなさんもぜひ視野を広げて大きな足を必ず見るようにしてから、

いつも自分がトレードしている基準となる、

時間足を見るように心がけてください。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

トレンドとは

ダブルトップ・ダブルボトムとは

さまざまな重要なチャートパターン

トレンドラインとは

ダウ理論を利用した利益確定方法

ダイバージェンスの使い方(解消)