FXのテクニカルMACDの設定方法とトレードの仕方

今回は「MACD」について説明します。

MACDとは「マックディー」と読みます。

 

そして正確には、以下になります。

Moving Average Convergence/Divergence Trading Mehod

上記の略で”MACD”と言います。

 

MACDとは、移動平均線を発展させてより高度な高い分析をするために、

1979年に”ジェラルド・アベル”によって開発されたテクニカルです。

 

そしてMACDは、

 ・短期の移動平均線(EMA)

 ・長期の移動平均線(EMA)

この2つの移動平均線を組み合わせて、

エントリーのタイミングを計るテクニカル指標になります。

 

 

では、MACDの基本的な使い方を説明します。

まっくd

・下降トレンドで0ラインより下でクロスした場合は、買いシグナルでゴールデンクロス

 ・上昇トレンドで0ラインより上でクロスした場合は、売りシグナルでデッドクロス

 

上記がMACDの売買のシグナルになります。

(シグナルとはサインのことになります)

そして、0ラインより離れていて角度が深く、

そして、きれいなクロス程「信ぴょう性」の高いシグナルになります。

 

 

しかし、MACDは、計算を複雑にしただけにしかすぎませんので、

結局これだけで勝とうなんて甘い考えなのです。

 

 

MACDのシグナルだけでは、相場の本質を踏まえたトレードができないので、

このシグナルだけのトレードはしないようにしてください。

他のテクニカルを組み合わせても、結局そのシグナルだけでは勝てません。

 

なぜ勝てないと言いますと、このようなシグナルには”ダマシ”があります。

MACDでは、そのダマシが多いですし、強いトレンドでは威力を発揮できません。

その強いトレンドの逆のシグナルを平気で出してきます。

 

そして、強いトレンドのダマシのときに限り、

シグナルは場所も角度もきれいなシグナルのときもあります。

 

これは、実際使ってダマされ続けた私の経験です・・・・・・

 

そこで損切りがあまり上手ではない初心者の方はどうでしょう?

損切りができなかったら大変なことになってしまいます。

 

 

しかし、一度使ってみないとどんなものかわからないと思います。

 

ですから、デモトレードがありますし、

デモトレードならばいくらでもトレードしてください。

このようなテクニカルが使えないことがわかるはずです。

 

 

しかし、このようなMACDを使って勝てている人もいますが、

テクニカルの”シグナルだけ”を頼りにしている人は勝てないでしょう。

 

相場の状況などを踏まえたうえで、

このテクニカルを使うというのなら勝てる可能性はあります。

 

ですが、もしMACDを使って勝てているのならMACDを使わなくても勝てると思います。

 

 

結局FXは相場を見なければいけないのです。

相場の下に表示してあるテクニカルを見るのではありません。

 

そこの部分を特に初心者の方は気をつけていただきたいです。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

最強の平均足スムーズドとは

平均足とは

初心者でもわかるFXのボリンジャーバンド入門

FXで使う移動平均線(MA)とはどのようなものなのか

ADXとは

最強の移動平均線20EMAの設定方法と見方とトレード方法