FXのテクニカルMACDの設定方法とトレードの仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は「MACD」について説明します。

MACDとは「マックディー」と読みます。

 

そして正確には、以下になります。

Moving Average Convergence/Divergence Trading Mehod

上記の略で”MACD”と言います。

 

MACDとは、移動平均線を発展させてより高度な高い分析をするために、

1979年に”ジェラルド・アベル”によって開発されたテクニカルです。

 

そしてMACDは、

 ・短期の移動平均線(EMA)

 ・長期の移動平均線(EMA)

この2つの移動平均線を組み合わせて、

エントリーのタイミングを計るテクニカル指標になります。

 

 

では、MACDの基本的な使い方を説明します。

まっくd

・下降トレンドで0ラインより下でクロスした場合は、買いシグナルでゴールデンクロス

 ・上昇トレンドで0ラインより上でクロスした場合は、売りシグナルでデッドクロス

 

上記がMACDの売買のシグナルになります。

(シグナルとはサインのことになります)

そして、0ラインより離れていて角度が深く、

そして、きれいなクロス程「信ぴょう性」の高いシグナルになります。

 

 

しかし、MACDは、計算を複雑にしただけにしかすぎませんので、

結局これだけで勝とうなんて甘い考えなのです。

 

 

MACDのシグナルだけでは、相場の本質を踏まえたトレードができないので、

このシグナルだけのトレードはしないようにしてください。

他のテクニカルを組み合わせても、結局そのシグナルだけでは勝てません。

 

なぜ勝てないと言いますと、このようなシグナルには”ダマシ”があります。

MACDでは、そのダマシが多いですし、強いトレンドでは威力を発揮できません。

その強いトレンドの逆のシグナルを平気で出してきます。

 

そして、強いトレンドのダマシのときに限り、

シグナルは場所も角度もきれいなシグナルのときもあります。

 

これは、実際使ってダマされ続けた私の経験です・・・・・・

 

そこで損切りがあまり上手ではない初心者の方はどうでしょう?

損切りができなかったら大変なことになってしまいます。

 

 

しかし、一度使ってみないとどんなものかわからないと思います。

 

ですから、デモトレードがありますし、

デモトレードならばいくらでもトレードしてください。

このようなテクニカルが使えないことがわかるはずです。

 

 

しかし、このようなMACDを使って勝てている人もいますが、

テクニカルの”シグナルだけ”を頼りにしている人は勝てないでしょう。

 

相場の状況などを踏まえたうえで、

このテクニカルを使うというのなら勝てる可能性はあります。

 

ですが、もしMACDを使って勝てているのならMACDを使わなくても勝てると思います。

 

 

結局FXは相場を見なければいけないのです。

相場の下に表示してあるテクニカルを見るのではありません。

 

そこの部分を特に初心者の方は気をつけていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク