FXのMACDとは:ダイバージェンスを使った有効な使い方

初心者の方や勝てていない方の特徴の中に、

テクニカル指標に頼ったトレードを行っている方が多く見られますが、

そのようなトレードで勝てるほど、FXは簡単ではありません。

 

 

そのテクニカル指標に頼るトレードの中に

MACDを使った代表的なトレードがあります。

 

それは、ゴールデンクロスとデッドクロスを利用したトレード手法になります。

確かに、MACDを上記のような使い方で勝てている人もいるかもしれません。

 

MACDについて詳しくはこちら

 

ですが、MACDはただのテクニカル指標です。

計算を複雑にしただけなので、そんなものに頼っていては、

勝てるようにはなりません。

 

 

私もMACDを散々使いましたが、

なかなか結果を出すことはできませんでした。

損失はいくらでもだすことができましたw

 

 

 

私が初心者の頃に、学んだ本にMACDは、

「テクニカル指標の中のエース」

このようなことが書かれており、完全に信じてしまいました。

 

 

ですから私は、数あるテクニカル指標の中で、

MACDを1番信頼していましたし、

多用していました。

 

 

今思い返してみてもMACDのクロスでは、勝ててなくて当然だと思います。

勝てるのならば、誰も苦労はしませんし、

そんなに簡単な話しではありません。

 

 

もしもタイムマシーンがあるのならば、

あの頃の自分に教えてあげたいですw

 

おそらくこのトレード手法で勝てている人のほうが少ないですし、

正直私も勝てるような気がしません。

 

しかし、それは私のセンスがなかっただけかもしれませんし、

このようなトレード手法で勝てていると言う人がいるのならば、

そのまま使用してもらっても構いません。

 

FXは結果がでているのならば、

それがどんな方法であってもいいのです。 

 

ただ単に多くの人が勝てないので、

このようなことを言っているのであり、

MACDのクロスの全てを否定しているわけではないことをご了承ください。

 

 

このような理由からMACDは、エントリーには”なるべく”使わないようにしてください。

 

 

 

では一体何に使うのか?

 

このような疑問を持たれた方もいらっしゃるかと思います。

 

 

そのような方の為に今回は、MACDの有効な使い方を説明します。

 

 

まず、MACDをどのように使うかと言いますと、

 ・ダイバージェンスを利用した利益確定

 ・MACDを利用したリスク回避

 

このような利用方法があります。

 

 

まず、MACDを利用したダイバージェンスですが、

ダイバージェンスが、わからない方もいらっしゃるかと思いますので、

こちらの記事にダイバージェンスついて書いてありますので、

良かったらご覧になってください。

 

ダイバージェンスについてはこちら

 

 

ダイバージェンスは、レートとオシレーターの「逆行現象」になります。

 

ダイバージェンスが起こるとトレンド転換が近いと予想されます。

 

 

MACDのダイバージェンスとは、

 ・レートが上昇しているにも関わらずMACDがデッドクロスした場合

 ・レートが下降しているにも関わらずMACDがゴールデンクロスした場合

このような形がMACDによるダイバージェンスになります。

 

普通はエントリーに使う方も多いかと思われますが、

エントリーに使うには信ぴょう性に欠けます。

ですから、MACDのシグナルをダイバージェンスとして、

利用するのです。

 

 

MACDのダイバージェンスが起こり、

もしも、ポジションを保有しているのであれば

利益確定を検討します。

また、利益確定をしてしまっても構いません。

 

 

そして、ダイバージェンスが起こっているのならば、

トレンド転換が近いと予想できますし、

エントリーを避けることによってリスク回避できるのです。

 

 

このように普段はエントリーとして、

使うことが多いMACDのクロスによるシグナルですが、

実際ダマシが多いために、このようにリスク回避や利益確定の目安に使うことによって、

有効的な使い方ができるのです。

 

RSIを利用したダイバージェンスよりも、

こちらのほうがわかりやすく使いやすいと感じる方もいると思いますので、

ぜひトレードで使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

使う前に検証だけは忘れずに行っていただきたいです。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

トレンド転換時レジスタンスラインとサポートラインを使った信ぴょう性の高いトレード...

グランビルの法則の1、5とダウ理論を使ったトレンド転換の考え方

支持線(サポートライン)と抵抗線(レジスタンスライン)

トレンドフォローのトレード方法

ダウ理論でトレンド転換を確認してトレードする方法

短い足だけを見るのはなぜいけないのか