いくら勉強しても行動しなければ始まらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「FXで勉強しろ」と言われて勉強を頑張っている方もいるのではないでしょうか?

頑張っている方は、そのまま頑張っていただきたいのです。

 

しかし、この「勉強しろ」と言うこの言葉の意味を、

間違った認識をしている方も多いです。

 

 

勉強はものすごく重要です。

FXをするうえで勉強はしなければなりません。

 

ですが、勉強だけをしていてもいけません。

行動が伴わなければいけないのです。

 

学校の受験勉強やテスト勉強のような、

勉強をして頭に詰め込んでから「本番のFX」

このような勉強方法を取っている方が非常に多いです。

 

その結果、実際の相場と事前に勉強したギャップを埋められずに、

 ・勉強したはずなのに・・・・・・

 ・自分が正しいはず・・・・・・

このように勘違いしてしまい、

結局、相場に合わせることができず負けてしまうのです。

 

特に、このような頭でっかちになってしまうパターンが多いです。

 

 

ですから、勘違いしないでいただきたいのが、

「行動しながら勉強する」

このように認識してください。

 

勉強することは、とても大切ですが、

いくら勉強したとしても

それに伴った行動がなければ、

勉強していないのと同じことになってしまいます。

 

 

完璧主義の方は特にこのようなパターンになってしまうことが多いです。

 

自分の中のレベルを100(レベルの最大が100)にして、

それから行動しようとするのです。

ですが、実際はレベル100ではないにもかかわらず、

自分がレベル100だと勘違いしているのです。

 

ですから、行動して相場から得る経験などを取り入れようともしないですし、

取りいれられないのです。

 

 

とにかく、ある程度勉強したらまず行動してください。

それでも「わからなくなったら勉強する」このような形が1番効果がありますし、

成長スピードもものすごく速いです。

 

 

むしろ「最初から勉強できること」はたかがしれているのです。

勉強するためにFXをするのではなく、

FXをするために勉強をしなければいけません。

 

 

いきなりレベルを100にしようとしても無理がありますし、

レベルが100になることってありえません。

 

まず行動してください。

 

この”行動する”ことがなかなか大人になればなるほど人間はできなくなってしまいます。

なぜか行動しようとしないですし、

行動できないのです。

 

 

行動しなければ、

前には進めません。

前に進んで壁にぶち当たったら勉強すればいいのです。

 

最初からこの先行動していき、

使わない、意味がない勉強も必ずあります。

使わない勉強をしても意味がありませんし、

時間がもったいないです。

 

 

そしてこの”行動する”ことに、

勉強も頭の良さも関係ありません。

 

思い立ったら何も考えず行動してみるぐらいでかまいません。

もちろんリスクには気を付けなければなりませんが・・・・・・

 

 

ですからみなさんもある程度勉強したら前に進むつまり行動すると言う事を

心がけてください。

 

そうすれば、勉強だけでは絶対に気づくことがない、

思いがけないことにたくさん気づけることでしょう。

 

その思いがけないことが、

あなたをものすごく成長させてくれますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク