キリ番(00.000)を使ったスキャルピング手法

キリ番は、レジスタンスラインやサポートラインとして機能します。

 

また、キリ番とは、

「キリがいい数字」になります。

 

例えば、

 ・100.00

 ・110.00

 ・111.00

などがキリ番になります。

 

キリ番は、心理的節目になりやすく、

多くのトレーダーに意識されるために、

レジスタンスラインやサポートラインになります。

 

キリ番についてくわしくはこちら

 

では、今回はキリ番のトレード手法について解説したいと思います。

 

キリ番を使ったトレード手法には、

簡単に説明しますと、

2つの方法があります。

 

 ・キリ番のレジスタンスライン、サポートラインが機能するとしてトレードする方法

 ・キリ番のレジスタンスライン、サポートラインが機能したことを”確認”してからトレードする方法

 

この2種類があるのですが、

あなたは、この2つのどちらが信ぴょう性の高いトレードになると思いますか?

 

正解は、後者になります。

 

レジスタンスライン、サポートラインが機能すると予想してトレードするのではなく、

レジスタンスライン、サポートラインが機能したことを確認してからトレードしたほうが、

信ぴょう性が高く、簡単にトレードすることができます。

 

 

よく、初心者の方や勝てていない方の質問で、

「レジスタンスライン、サポートラインの引き方がわからない」

このような質問を受けるのですが、

確かに、最初の頃は、わからないかもしれません。

 

ですが、明らかなレジスタンスラインやサポートラインは、

見れば簡単にわかります。

 

先ほど説明した。

 ・100.00

 ・110.00

 ・111.00

このような数字は前回レジスタンスライン、サポートラインとして、

機能されていることが多いですし、

次も機能すると予想することが簡単にできます。

 

また、90.00や90.50などでも

上記と同じ意味ですので、

そこの部分は応用していただきたいです。

 

 

そして、上記のような

キリ番で前回意識されているポイントが次も機能されると予想します。

 

そして、そこの部分に指値注文を入れてエントリーするのではなく、

反発を確認してからエントリーするのです。

 

わかりやすくするために、

下の図をご覧ください。

 

 

キリ番トレードダメ

 

 

このようにレジスタンスラインやサポートラインだと機能する「だろう」で、

トレードしてしまうとそのまま機能せずに、

突き抜けてしまい、損切りになってしまいます。

 

慣れてきたのならば、

予想してトレードしても構いませんが、

勝てていないのならば、

まずは、簡単にトレードしましょう。

 

その簡単なトレード手法については、

下の図をご覧ください。

キリ番トレードOK

 

このようにレジスタンスラインやサポートラインを

狙ってトレードするのですが、

先ほどのようにレジスタンスラインやサポートラインの

部分でトレードするのではありません。

 

このように反発を確認して、

ワンテンポ遅らせてトレードすることによって、

信ぴょう性の高いトレードができます。

 

 

そして、エントリーしたのならば、

レジスタンスラインやサポートラインの部分より、

少し下の部分、5Pips空け、損切りをしましょう。

 

 

このようにワンテンポ遅らせてトレードすることによって、

レジスタンスラインやサポートラインを簡単に

判断することができ、トレードできます。

 

 

このちょっとしたことが、

長期的に考えたときにとても大きな違いになりますので、

ぜひ、デモトレードなどで検証を行い、

トレードしてみてください。

 

 

そして、このトレード方法は、

どの時間足でも使うことができますが、

特に、スキャルピングなどのトレードで、

真価を発揮するトレード手法になります。

 

 

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

損小利大を追及する際に気を付けなければいけないこと

システムトレードで注意しなければならないこと

レンジのブレイクアウト後の押し目でエントリーする方法

トレードを組み立てる上で重要なリスクリワードレシオとは

レンジのブレイクでもトレンドフォローをしなければいけない

移動平均線完全マニュアル!使い方からトレードの方法を徹底解説